本文へスキップ

 


ICT用語同義語辞典サイト内検索

 

ICT用語の意味と同義語

【 ルックアップ テーブル の意味 】
出典: ルックアップテーブル 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2018年10月23日 (火) 05:44 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/

 計算機科学におけるルックアップテーブル(英: Lookup table)とは、複雑な計算処理を単純な配列の参照処理で置き換えて効率化を図るために作られた、配列や連想配列などのデータ構造のことをいう。例えば大きな負担がかかる処理をコンピュータに行わせる場合、あらかじめ先に計算できるデータは計算しておき、その値を配列(ルックアップテーブル)に保存しておく。コンピュータはその都度計算を行う代わりに配列から目的のデータを取り出すことによって、計算の負担を軽減し効率よく処理を行うことができる。高価な計算処理や入出力処理をテーブルルックアップで置き換えた場合、処理時間を大きく削減することができる。他にも、あるキーワードを基にあるデータを取り出すとき、その対応を表としてまとめたものもルックアップテーブルといえる。 ・・・



【 他のICT用語辞典へ(外部リンク)】

ルックアップテーブル (Wikipedia)



【 ルックアップ テーブル の同義語と関連語 】
< 1 >
ルックアップテーブル Look Up Table look up table look-up table
Lookup table lʊ́kəp téɪbl ルゥカップ・テイボルゥ ルックアップ テーブル
ルックアップ・テーブル LUT él júː tíː エィルゥ ユー ティー
エィルゥ・ユー・ティー エル ユー ティイー エル・ユー・ティー エルユーティイー
ラット ルット 参照対応表 入出力対応テーブル








テーブル 配列 Lookup
lʊ́kəp 検索 探索 参照


















更新日:2020年 1月17日




ICT用語索引
記号 数字 A B C
D E F G H
I J K L M
N O P Q R
S T U V W
X Y Z

ワ・ヲ        
背景薄緑色の文字が編集完了です
ICT用語辞典リンク集
ICT用語解説サイト120

バナースペース

     P A S T E M