本文へスキップ

 

 

ICT用語の意味と同義語


【 A.E. の意味 】
出典: Adobe After Effects 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2018年12月20日 (木) 10:29 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/<br><br>Adobe After Effects(アフターエフェクツ)は、アドビシステムズが販売している映像のデジタル合成やモーション・グラフィックス、タイトル制作などを目的としたソフトウェアであり、この分野では代表的な存在である。「A.E.」「AE」「Ae」(えーいー)と略されることもある。After Effectsは主に映画やテレビ番組の映像加工、CM制作、ゲーム、アニメ、Webなどのコンテンツ制作に広く利用されている。<br><br>[歴史]<br> After Effectsは、もともとは米国のthe Company of Science and Art社で作られた。Version 1.0が発売されたのは1993年である。1994年にはPowerPC accelerationによってversion 2.1が紹介された。the Company of Science and Arts社は1993年の6月にアルダス社に買収されたが、この会社も1994年にAdobeに買収され、この時にAdobeはPageMakerとAfter Effectsの権利を得た。Adobeが初めてAfter Effectsをリリースしたのはversion 3であり、コードネームは「Nimchow」であった。 ・・・

【 ICT用語辞典へ(外部リンク)】

Adobe After Effects (Wikipedia)

【 A.E. の同義語と関連語 】
< 1 >
Adobe After Effects A.E. AE Ae
Nimchow アドビ アフター エフェクツ アドビ・アフタゥー・イフェックツ アフターエフェクツ
アフタゥー・イフェックツ エーイー

















Effect イフェクト イフェクトゥ イフェックトゥ
影響 結果 効果 ɪfékt























ICT用語索引
記号 数字 A B C
D E F G H
I J K L M
N O P Q R
S T U V W
X Y Z

ワ・ヲ        

ICT用語辞典リンク集
ICT用語解説サイト120

バナースペース

パステム