本文へスキップ

 

 

ICT用語の意味と同義語


【 AB5 の意味 】
出典: ActiveBasic 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2014年4月3日 (木) 12:19 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/<br><br>ActiveBasic(アクティブ ベーシック、AB)は、1999年にN88-BASIC互換のインタプリタ言語として、山本大祐が個人で開発したBASIC言語である。近年のBASIC派生の言語であるVisual Basic等とは別に独自の進化を遂げてきた。2002年に登場したバージョン2.5からは、RADツールを搭載。2003年のバージョン3.0からは、ネイティブコンパイラを搭載しインタプリタ方式からコンパイラ方式に変わるなど、年々より本格的な仕様になってきている。また、ActiveBasicはフリーウェアである。2005年、DirectXやオブジェクト指向に対応したバージョン4.0が公開された。<br><br>[特徴]<br> 言語仕様:基本的にバージョン3以降はC言語や、バージョン4になってくるとC++そしてJavaなどの影響を強く受けている。 ・・・

【 ICT用語辞典へ(外部リンク)】

ActiveBasic (Wikipedia)

【 AB5 の同義語と関連語 】
< 1 >
ActiveBasic AB AB5 ActiveBasic Ver 2.5
ActiveBasic Ver 3.0 ActiveBasic Ver 4.0 ActiveBasic Ver 4.20 ActiveBasic Ver 5.0
https://www.activebasic.com/ アクティブ ベーシック

















やまもと だいすけ 山本 大祐 氏




























ICT用語索引
記号 数字 A B C
D E F G H
I J K L M
N O P Q R
S T U V W
X Y Z

ワ・ヲ        

ICT用語辞典リンク集
ICT用語解説サイト120

バナースペース

パステム