本文へスキップ

 

 

ICT用語の意味と同義語


【 Abuse の意味 】
出典: abuse 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2018年8月12日 (日) 00:44 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/<br><br>abuse(名詞: [ə.ˈbjuːs] 「アビュース」、動詞: [ə.ˈbjúːz] 「アビューズ」。まれにアブユース(ズ)とも。)とは不正使用、濫用(乱用)を意味する英単語である。転じてコンピュータネットワーク上の迷惑行為またはその迷惑行為を通報する窓口を指す。似たような英単語にmisuse([mìsjúːs], [mìsjúːz])があるが、こちらは濫用、悪用の意味以外にも「誤用」、「過誤」という故意ではない意味も含まれている。<br><br>[概要]<br> RFC 2142は「不適切な公衆への振る舞い」("Inappropriate public behaviour")を行うユーザを通報するためにabuse@…を用意すべきと規定している。このメールアドレスはスパムメールの送信、第三者中継などのメールサーバの不正利用など、様々なネットワーク上の不正行為に関する専用の通報先であり、のちに転じてネットワーク上の迷惑行為またはその迷惑行為を通報する窓口そのものとしての意味も持つようになった。・・・

【 ICT用語辞典へ(外部リンク)】

abuse (Wikipedia)

【 Abuse の同義語と関連語 】
< 1 >
Abuse əbjúːz abuse abuse@
abuse@・・・ abuse窓口 Inappropriate public behaviour アビュース
アビューズ アブユース アブユーズ イナプロープリアト・パブリック・ビヘービオ
イナプロピエトゥ・パブリック・ビヘイヴュアー 悪用する 不正行為 不正使用
迷惑行為 迷惑行為通報窓口 乱用する







































ICT用語索引
記号 数字 A B C
D E F G H
I J K L M
N O P Q R
S T U V W
X Y Z

ワ・ヲ        

ICT用語辞典リンク集
ICT用語解説サイト120

バナースペース

パステム