本文へスキップ

 

 

ICT用語の意味と同義語


【 Access VBA の意味 】
出典: Visual Basic for Applications 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2019年5月11日 (土) 22:30 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/<br><br>[概要] マイクロソフトが1990年代に開発していた汎用プログラミング言語・Microsoft Visual Basicを、同社製品のMicrosoft Officeに搭載したものがVBAである。VBAを使用することで、Excel、Access、Word、Outlook、PowerPointなど、Officeのアプリケーション・ソフトウェアの機能をカスタマイズしたり、拡張したりすることができる。Microsoft OfficeシリーズにはVBAのソースコード作成・編集ソフトウェアおよびプログラム実行環境が最初から付属しているため、使用を始めるにあたり、Office以外の特別なソフトウェアの用意やセッティングを必要としない。 ・・・

【 ICT用語辞典へ(外部リンク)】

Visual Basic for Applications (Wikipedia)

【 Access VBA の同義語と関連語 】
< 1 >
VBA Access VBA Excel VBA Microsoft Visual Basic Programming System Applications Edition
Microsoft Visual Basic,Applications Edition VBAマクロ Visual Basic for Applications Visual Basic,Applications Edition
アクセスVBA ヴィジュアゥルゥ・ベイシィック・フォアゥー・アプリィケイシュンズ エクセルVBA エクセルマクロ
ビジュアルベーシック・フォー・アプリケーションズ ブイビーエー マクロ 簡易版 Visual Basic
共通アプリケーション操作言語










マクロ言語





























ICT用語索引
記号 数字 A B C
D E F G H
I J K L M
N O P Q R
S T U V W
X Y Z

ワ・ヲ        

ICT用語辞典リンク集
ICT用語解説サイト120

バナースペース

パステム