本文へスキップ

 


 

ICT用語の意味と同義語

【 「Acoustic coupler」又はそれに関連する用語の意味 】
出典: 音響カプラ 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2018年2月21日 (水) 08:00 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/<br><br> 音響カプラ(おんきょうカプラ)とは電話機の受話器へスピーカーとマイクロフォンを用いて音響結合し、データ通信を行う通信機器である。通信端末が自由化されていない国々や内線電話の特殊な回線インターフェースなどでモデムを電話回線に直接接続できない場合に一旦音声に変換することによって、公衆交換電話網を利用してコンピュータ間の通信を可能にするものである。初期の製品は変復調部を内蔵し、通信用インターフェース(RS-232Cなど)を備えている。現在の製品は音響と電気信号の変換だけの機能となり、モデムを接続して使用する。<br><br>[日本での歴史]<br> 1980年代前半、公衆交換電話網へのモデムの接続には制度的な制約が多く、加入者線を利用したデータ通信にはNCUと呼ばれる網制御装置か音響カプラが利用されていた。 ・・・



【 他のICT用語辞典へ(外部リンク)】

音響カプラ (Wikipedia)



【 Acoustic coupler の同義語と関連語 】
< 1 >
音響カプラ Acoustic coupler acoustic coupler əkúːstɪk ˈkʌplə
アクーステック カプラゥー アクーステック・カプラゥー アコースティック カプラ アコースティック・カプラ
アコースティックカプラ パーソナル・カプラ 音響カプラー おんきょうカプラ
onkyou kapura














300bps 28.8Kbps 19.2Kbps 1200bps
PC-8268 テレカプラーIIプラス Acoustic
əkúːstɪk アクーステック アコースティック 音響の
聴覚の 音の coupler
ˈkʌplə カプラゥー カプラー カプラ
連結器 接続機



更新日:2020年10月18日




ICT用語索引
記号 数字 A B C
D E F G H
I J K L M
N O P Q R
S T U V W
X Y Z

ワ・ヲ        
背景薄緑色の文字が編集完了です
ICT用語辞典リンク集
ICT用語解説サイト120

バナースペース

     P A S T E M