本文へスキップ

 

 

ICT用語の意味と同義語


【 Active Server Object の意味 】
出典: ActiveX Data Objects 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2013年3月20日 (水) 03:08 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/<br><br>ActiveX Data Objects (ADO)はデータソースアクセスを目的としたCOMオブジェクトのセットである。ADOはOLE DBとプログラミング言語を介在しており、プログラミングインターフェイスとして機能する。開発者はこれを用いることで、データベースの実装を意識せずにコードを書ける。ADOはRDOやDAOの後継に位置づけられている。ADOは1996年の冬、マイクロソフトにより発表された。後年、ADOの後継として.NET Frameworkに組み込まれたADO.NETがリリースされた。 ・・・

【 ICT用語辞典へ(外部リンク)】

ActiveX Data Objects (Wikipedia)

【 Active Server Object の同義語と関連語 】
< 1 >
ActiveX Data Objects Active Data Objects Active Server Object Active Server Pages
ADO MDAC Microsoft Data Access Components UDS
アクティブ・データ・オブジェクト アクティブデータオブジェクト エーディーオー















































ICT用語索引
記号 数字 A B C
D E F G H
I J K L M
N O P Q R
S T U V W
X Y Z

ワ・ヲ        

ICT用語辞典リンク集
ICT用語解説サイト120

バナースペース

パステム