本文へスキップ

 

 

ICT用語の意味と同義語


【 Advanced Configuration Power Interface の意味 】
出典: Advanced Configuration and Power Interface 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2018年1月9日 (火) 22:19 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/<br><br>Advanced Configuration and Power Interface(アドバンスド・コンフィグレーション・アンド・パワー・インターフェイス、ACPI)は、1997年にインテル、東芝、マイクロソフトが共同で作り上げた、PC/AT互換機等の電源制御と構成要素に関する公開された統一規格である。ACPI2.0(2000年8月に公開)からはさらにコンパック(現ヒューレットパッカード)、フェニックステクノロジーズが主な開発団体として参加している。<br><br>[概要]<br> ACPIは電源管理のための枠組であるだけではなく、プラットフォームの構成要素を列挙し管理する統一された枠組でもあり、プラットフォームの電源管理を行うAPMのみならず、マザーボード上のリソースを列挙するPnPBIOS,マルチプロセッサの列挙を行うMPTable等をも統一した形で置き換えるものである。これらはBIOS主導の管理方式だったが、ACPIはオペレーティングシステム主導の管理を実現し、システム全体の電源管理だけでなく緻密なデバイスの電源をも含めた管理に加え、温度管理やスタンバイ(サスペンド)、冷却ファン制御など、さまざまな機能を提供する。 ・・・

【 ICT用語辞典へ(外部リンク)】

Advanced Configuration and Power Interface (Wikipedia)

【 Advanced Configuration Power Interface の同義語と関連語 】
< 1 >
ACPI ədvˈænst kənfìgjʊréɪʃən ənd pάʊɚ ˈɪntɚˌfeɪs ACPI 1.0 ACPI 2.0
ACPI 3.0 ACPI 4.0 ACPI 5.0 ACPI Version1.0
Advanced Configuration and Power Interface Advanced Configuration Power Interface アクピ アドゥヴァンストゥ カンフィグレーション エンドゥ パウワゥー インタゥフェイス
アドゥヴァンストゥ・カンフィグレーション・エンドゥ・パウワゥー・インタゥフェイス アドバンスド コンフィグレーション アンド パワー インターフェイス アドバンスド・コンフィグレーション・アンド・パワー・インターフェイス エイシーピーアイ
エー・シー・ピー・アイ エーシーピーアイ でんげんせいぎょきこう パワーセーブ
パワーマネージメント規格 電源管理 電源制御 電源制御機構
電力制御


APM On Now OnNow S0
S1 S2 S3 S4
S5 オンナウ




















ICT用語索引
記号 数字 A B C
D E F G H
I J K L M
N O P Q R
S T U V W
X Y Z

ワ・ヲ        

ICT用語辞典リンク集
ICT用語解説サイト120

バナースペース

パステム