本文へスキップ

 


 

ICT用語の意味と同義語

【 「Advanced Video Coding High Definition」又はそれに関連する用語の意味 】
出典: AVCHD 『通信用語の基礎知識』 更新年月日 2012/01/18,URL: https://www.wdic.org<br><br> Blu-ray Discの技術を応用し、ビデオカメラで撮影したハイビジョン映像を記録するための規格。<br><br>[概要]<br> 家庭用ビデオカメラで撮影したHD画像を記録するため、松下電器産業(現・パナソニック)とソニーが共同で策定した。技術は、両者共有の特許となっている。AVCHDはアプリケーションの規格であるので物理的な媒体は問わないが、実際の製品ではBlu-ray Discなどではなく、より安価な、8cmの小型DVDが使われている。この媒体に、ITU-T H.264(MPEG-4 AVC)を使って1080i/720pや720pなどのHD(High Definition)映像を記録するための規格として作られており、対応したビデオカメラが市販されている。<br><br>[特徴]<br>由来<br> DVDの映像はDVD-Video規格で規定されているが、この規格にはHD映像の規定がない。DVDにHD映像を記録する、というものは支那のEVDなどの独自仕様が先にあるが、このAVCHDはソニーとパナソニックが共同で策定した日本の規格である。Blu-ray Discが普及するよりも前に、Blu-ray Discの技術を応用してDVDにHD映像を保存するための中間フォーマットとして生まれ、一定の成功を収めた。 ・・・
出典: AVCHD 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2017年4月30日 (日) 12:15 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/<br><br> AVCHD(Advanced Video Coding High Definition, エーブイシーエイチディー)とは、Blu-ray Discのアプリケーションフォーマット「BDMV」を応用し、ハイビジョン映像をビデオカメラで記録するための規格の一つであり、パナソニックとソニーが共有する登録商標(第5011316号)である。 ・・・



【 他のICT用語辞典へ(外部リンク)】

AVCHD (通信用語の基礎知識)
AVCHD (Wikipedia)



【 Advanced Video Coding High Definition の同義語と関連語 】
< 1 >
AVCHD éɪ víː síː éɪtʃ díː エイヴィーシィーエイチディー エーブイシーエイチディー
Advanced Video Codec High Definition Advanced Video Coding High Definition ədvˈænst vídiòʊ kóʊdɪŋ hάɪ dèfəníʃən アェドゥヴァンストゥ ヴィディオウ コゥウディング ハイ デフニシュン
アェドゥヴァンストゥ・ヴィディオウ・コゥウディング・ハイ・デフニシュン アドバンスト ビデオ コーディング ハイ デフィニション アドバンスト・ビデオ・コーディング・ハイ・デフィニション AVCHD format
AVCHD規格














1080i 720p 8センチDVD AVCHD 3D
AVCHD 3D/Progressive AVCHD Lite AVCHD Progressive AVCHD Version 2.0
H.264/MPEG-4 AVC H.264/MPEG-4 AVC方式 MPEG-4 AVC/H.264 デジタル・ビデオカメラ
デジタルビデオカメラ ドルビーデジタル方式 ハイビジョン動画記録フォーマット
Advanced ədvˈænst アゥドゥヴェンストゥ アドゥヴァンストゥ
アドバーンスト 高度な 先進的な 上級の


更新日:2020年 8月13日




ICT用語索引
記号 数字 A B C
D E F G H
I J K L M
N O P Q R
S T U V W
X Y Z

ワ・ヲ        
背景薄緑色の文字が編集完了です
ICT用語辞典リンク集
ICT用語解説サイト120

バナースペース

     P A S T E M



Dynabook Direct