本文へスキップ

 

 

ICT用語の意味と同義語


【 Advanced Format Technology の意味 】
出典: 容量の壁 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2018年12月28日 (金) 06:13 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/<br><br>容量の壁(ようりょうのかべ)とは、主にハードディスクドライブ、半導体メモリーなど、コンピュータの記憶装置に関する、規格や性能上の限界を指した概念である。<br><br>[ディスク]<br>Advanced Format Technology<br> 実際には、Western Digital社が2009年10月にAFT ("Advanced Format Technology")と名付けて4KiB/物理セクターのモデルを発売したものが初となる。この初期のモデルでは、多くのPC/AT機を祖とするシステムが、慣習的に63セクタ目から、最初のパーティションが開始されることから、実際の取り扱いセクタをひとつずらすジャンパピンが設けられ、同様にWindowsXPでのパフォーマンス低下を抑制するための、調整ツールが頒布された。LBAにより参照される論理ブロック (Logical Block) と物理セクター(1セクター512バイト)は伝統的に同一視されてきた。即ち、「物理セクターサイズ=512バイト」はMS-DOS時代から変わっておらず、既存のHDDコントローラー、ホストバスアダプタ、デバイスドライバー、BIOSやOS、さらにパーティションを直接操作するソフトウェアなどがこの前提で設計されている為、物理セクターサイズの変更はあらゆるコンポーネントとの非互換性が問題になる。そこで、 ・・・

【 ICT用語辞典へ(外部リンク)】

容量の壁 (Wikipedia)

【 Advanced Format Technology の同義語と関連語 】
< 1 >
AFT 4096バイト 4KB 4KiB
4Kセクタ 4Kセクター 4Kフォーマット Advanced Format
Advanced Format Documents Advanced Format Software Advanced Format Technology ədvˈænst fˈɔɚmæt teknάlədʒi
AF AFTドライブ AFT採用ドライブ Big Sector
Fsutil fsinfo ntfsinfo D: アドバンスド フォーマット テクノロジー アドバンスト・フォーマット・テクノロジー アドバンスドフォーマット
アドバンストフォーマットテクノロジー エーエフティー ビッグセクタ ビッグセクター
アゥドゥヴェンストゥ フォァマットゥ テクナラゥジィー アゥドゥヴェンストゥ・フォァマットゥ・テクナラゥジィー

DT01ABA200 DT01ABA300 HDS721075DLE630 SmartAlign
ST2000DL003 ST3000DM001 WD Align utility WD10EZRX
WD20EZRX WD30EZRX アライメント調整 容量の壁
4096B 512E 512バイト・セクター・エミュレーション
Advanced ədvˈænst アゥドゥヴェンストゥ アドゥヴァンストゥ
アドバーンスト 高度な 先進的な







ICT用語索引
記号 数字 A B C
D E F G H
I J K L M
N O P Q R
S T U V W
X Y Z

ワ・ヲ        

ICT用語辞典リンク集
ICT用語解説サイト120

バナースペース

パステム