本文へスキップ

 

 

ICT用語の意味と同義語


【 Advanced Host Controller Interface の意味 】
出典: AHCI 『通信用語の基礎知識』 更新年月日 2008/01/24,URL: https://www.wdic.org<br><br>シリアルATAの拡張機能の一つ。シリアルATA IIから採用された。<br><br>[概要]<br> AHCIでは、次のような機能に対応する。<br>● NCQ(Native Command Queuing)<br>● ホットプラグ [チップセット] Intel製チップセットでは、次のような製品が対応している。<br>● ICH6シリーズ:ICH6M (82801FBM): AHCI ICH6R (82801FR): RAID・AHCI<br>● ICH7シリーズ:ICH7R (82801GR): RAID・AHCI ICH7DH (82801GH): RAID・AHCI ICH7M (82801GBM): AHCI ICH7MDH (82801GHM): RAID・AHCI<br>● ICH8シリーズ:ICH8R (82801HR/HH/HO): RAID・AHCI 無印のICH5、ICH6、ICH7、およびICH5Rは、AHCIには対応していない。また無印のICH8も、公式にはAHCIには対応していないとされているが、利用できるといううわさがある。 ・・・
出典: Advanced Host Controller Interface 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2018年6月13日 (水) 01:36 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/<br><br>Advanced Host Controller Interface (AHCI) とは、インテルが策定したシリアルATA (SATA) ホストバスアダプタのインターフェース仕様である。AHCIではホストシステムのストレージデバイスとシステムメモリ間でのデータ交換などについて定義されている。これにより、システムの設計、開発者の負担を減らすことができ、また、NCQやホットスワップなどの高度な機能が利用できるようになる。AHCIはあくまで(シリアルATAを扱う)ホストコントローラー自体の規格であり、シリアルATAの通信規格とは別のものである。2018年6月現在、規格の最新のバージョンは1.3.1である。<br><br>[モード]<br> 2011年現在市場に出回っている多くのシリアルATAコントローラーは、IDEのエミュレーションモード、AHCIモード、コントローラーメーカー独自のRAIDモードなどを持つが、インテルは(それら複数のモード内から選択できるのであれば)RAIDモードの使用を推奨している。これは、RAIDの動作を実現するために内部ではAHCIが有効になっている場合が大半であり、一番柔軟な動作が可能だからである。また、最新チップセット以外においてインテル製シリアルATAドライバーの最新版を使用する際には、RAIDモードに設定してからインストール作業を行う必要がある。すなわちAHCIは、RAIDモードを有しない低機能な古いチップセット(に内包されているシリアルATAコントローラー)へは適用外である。 ・・・
出典: NCQ 『通信用語の基礎知識』 更新年月日 2007/04/27,URL: https://www.wdic.org<br><br>ハードディスクドライブアクセスを高速化するための技術の一つ。SCSI用に作られたSCSI Command QueuingのATA版として、シリアルATA II(SATA II)から採用された。<br><br>[概要] ディスクは回転している。このため、データの読み書きに際しては、必要な場所へのヘッド移動時間(シーク時間)だけでなく、ディスクの回転待ち時間がどうしても必要である。この待ち時間は、RAMなどのメモリーデバイスと比較すれば非常に長い時間であり、ディスク高速化への障害の一つであった。そこで、Command Queuing(コマンドキューイング)という方法が発案された。これは最初に複数のコマンドを受けてキューにため込み、それをヘッドの移動が最小限に済むような順序で処理するアウトオブオーダー実行実行を行なう。これによりシーク速度と回転待ち時間を減らし、高速化を実現した。<br><br>[特徴] 旧来の方法では、コマンド・待機・転送・割り込み、という順番を繰り返す。パラレルATA時代の方法は最初に複数コマンドを発行できるが、転送ごとに割り込みが発生していたので効率が悪かった。NCQでは最初に複数のコマンドを発行するところまでは同じだが、転送も複数まとめて行なわれ、最後に割り込みが発生する。これにより旧来の方法と比較して数割程度のアクセス時間削減が可能となる。このNCQを使うためには、シリアルATAコントローラーとハードディスク双方が対応していないとならない。 ・・・

【 ICT用語辞典へ(外部リンク)】

Advanced Host Controller Interface (Wikipedia)

【 Advanced Host Controller Interface の同義語と関連語 】
< 1 >
AHCI Advanced Host Controller Interface ədvˈænst hóʊst kəntróʊlɚ ˈɪntɚˌfeɪs アドゥヴァンストゥ ホウストゥ コァントゥロウラゥー インタゥフェイス
アドゥヴァンストゥ・ホウストゥ・コァントゥロウラゥー・インタゥフェイス AHCI バージョン 1.3.1 Serial ATAネイティブ アドバンスト・ホスト・コントローラ・インターフェース
エー・エイチ・シー・アイ エーエイチシーアイ

















AHCI Contributor Groupe AHCI Controller Group Command Queuing Native Command Queuing
NCQ Serial ATA2.5 エヌシーキュー コマンドキューイング
シリアルATA II シリアルATA2.5 ネイティブ コマンド キューイング ネイティブ・コマンド・キューイング
ネイティブコマンドキューイング ホットプラグ
Advanced
ədvˈænst アドゥヴァンストゥ アドバーンスト 高度な
先進的な 上級の







【 Advanced Host Controller Interface の同義語と関連語 】
< 2 >
NCQ Native Command Queuing エヌシーキュー ネイティブ コマンド キューイング
ネイティブ・コマンド・キューイング ネイティブコマンドキューイング





















Advanced Host Controller Interface AHCI AHCI Contributor Groupe AHCI Controller Group
AHCI バージョン 1.3.1 Command Queuing Native Serial ATA2.5
Serial ATAネイティブ アドバンスト・ホスト・コントローラ・インターフェース エー・エイチ・シー・アイ エーエイチシーアイ
コマンドキューイング シリアルATA2.5 ネイティヴ ホットプラグ
本来の













ICT用語索引
記号 数字 A B C
D E F G H
I J K L M
N O P Q R
S T U V W
X Y Z

ワ・ヲ        

ICT用語辞典リンク集
ICT用語解説サイト120

バナースペース

パステム