本文へスキップ

 


 

ICT用語の意味と同義語

【 「AES-256ビット」又はそれに関連する用語の意味 】
出典: AES-256 『通信用語の基礎知識』 更新年月日 2010/12/11,URL: https://www.wdic.org/<br><br> 鍵長が256ビットのAES。ラウンド数は14回である。
出典: Advanced Encryption Standard 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2019年1月13日 (日) 09:12 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/<br><br> Advanced Encryption Standard (AES) は、DESに代わる新しい標準暗号となる共通鍵暗号アルゴリズムである。アメリカ国立標準技術研究所(NIST)の主導により公募され、Rijndael(ラインダール)がAESとして採用された。<br><br>[概要]<br> AESはSPN構造のブロック暗号で、ブロック長は128ビット、鍵長は128ビット・192ビット・256ビットの3つが利用できる。AESの元となった Rijndael では、ブロック長と鍵長が可変で、128ビットから256ビットまでの32ビットの倍数が選べる。NISTが公募した際のスペックに従い、米国標準となったAESではブロック長は128ビットに固定、鍵長も3種類に限られた。 ・・・



【 他のICT用語辞典へ(外部リンク)】

AES-256 (通信用語の基礎知識)
Advanced Encryption Standard (Wikipedia)



【 AES-256ビット の同義語と関連語 】
< 1 >
AES-256bit 256bitAES 256ビットAES 256ビット・エーイーエス
エーイーエス256ビット Advanced Encryption Standard 256bit ədvˈænst ɛnkrɪ́pʃən stˈændɚd túː fífti síks bít アドゥヴァンストゥ エンクリプシャン スタンダゥードゥ トゥー フィフティシィックス ビィットゥ
アドゥヴァンストゥ・エンクリプシャン・スタンダゥードゥ・トゥー・フィフティシィックス・ビィットゥ アドゥヴァンストゥ・エンクリプション・スタンダゥードゥ 256 ビットゥ アドバーンスト エンクリプション スタンダード ツーフィフティーシィックス ビット アドバーンスト・エンクリプション・スタンダード・ツーフィフティーシィックス・ビット
AES 256-bit AES 256bit AES 256-bit encryption AES 256ビット暗号
AES-256ビット AES256









AES 共通鍵暗号アルゴリズム 共通鍵暗号方式
Encryption ɛnkrɪ́pʃən エンクリプシャン エンクリプション
暗号化 符号化















更新日:2020年 8月12日




ICT用語索引
記号 数字 A B C
D E F G H
I J K L M
N O P Q R
S T U V W
X Y Z

ワ・ヲ        
背景薄緑色の文字が編集完了です
ICT用語辞典リンク集
ICT用語解説サイト120

バナースペース

     P A S T E M



Dynabook Direct