本文へスキップ

 

 

ICT用語の意味と同義語


【 Advanced Technology Extended の意味 】
出典: ATX 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2017年6月23日 (金) 07:19 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/<br><br>ATX(英語: Advanced Technology eXtended)とは、1995年にインテルが策定した、パーソナルコンピュータの構造規格(フォームファクタ)である。<br><br>[概要] マザーボードや電源ユニット、およびドライブベイの配置などの筐体内部構造を規定したものだが、ことマザーボード自体に関して詳細に規定されているため、マザーボードの規格として扱われることも多い。それまでのAT規格に代わって、業界標準の地位を確立する。マザーボードの基板サイズを一定としたことで、ケースをそのままに、マザーボード単体の交換が可能になった。2017年時点での最新のバージョンは2.2。2003年にインテルはATXの置き換えを狙ってBTXを発表した。しかし、2017年時点においてもATXは自作パソコンの標準の一つとして扱われている。 ・・・

【 ICT用語辞典へ(外部リンク)】

ATX (Wikipedia)

【 Advanced Technology Extended の同義語と関連語 】
< 1 >
ATX Advanced Technology Extended Advanced Technology eXtended AT eXtensions
ATX Specification - Version 2.2 ATX仕様 アドゥヴァンストゥ・テクノロジー・エクステンデッド エーティー・エクステンシュンズ
エーティーエックス エーティーエックスしよう

















305x244mm Advanced Form Factor form factor
アゥドゥヴェンストゥ アドバーンスト インテル フォームファクタ
マザーボード 高度な 先進的な



















ICT用語索引
記号 数字 A B C
D E F G H
I J K L M
N O P Q R
S T U V W
X Y Z

ワ・ヲ        

ICT用語辞典リンク集
ICT用語解説サイト120

バナースペース

パステム