本文へスキップ

 

 

ICT用語の意味と同義語


【 Advertorial の意味 】
出典: 記事広告 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2018年11月7日 (水) 13:04 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/<br><br>記事広告(きじこうこく)とは、一般に新聞・雑誌などにおいてPR内容が通常の編集記事とよく似た体裁で編集されたペイドパブリシティ(paid publicity)の一種。広告記事(こうこくきじ)と呼ばれることもあるが、あくまでも広告であり記事の一種ではない。「記事広」と略称されており、アドバトリアル (Advertorial、Advertisement(広告)とEditorial(記事)のかばん語)と呼ばれることもある。一目でそれとわかる純広告とは異なり、見掛け上記事の体裁をとることであたかも新聞社や出版社が内容に対し協賛・保証しているかのような印象を与えるなど、“消費者の警戒心が薄れ”注目を集めやすいとされる(ステルスマーケティングも参照のこと)。 ・・・

【 ICT用語辞典へ(外部リンク)】

記事広告 (Wikipedia)

【 Advertorial の同義語と関連語 】
< 1 >
記事広告 Advertisement+Editorial Advertorial In-Ad with Native Element Units
In-Feed Units Paid Search Units Promoted Listings Recommendation Widgets
アドバトリアル きじこう きじこうこく こうこくきじ
記事広 記事体広告 広告記事 編集タイアップ












native ads native advertising インフィード型 ネイティブアド
ネイティブ広告 ネイティブ要素を持つインアド型 プロモートリスティング型 ペイドサーチ型
レコメンドウィジェット型





















ICT用語索引
記号 数字 A B C
D E F G H
I J K L M
N O P Q R
S T U V W
X Y Z

ワ・ヲ        

ICT用語辞典リンク集
ICT用語解説サイト120

バナースペース

パステム