本文へスキップ

 

 

ICT用語の意味と同義語


【 Adwords の意味 】
出典: 検索連動型広告 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2019年1月29日 (火) 11:57 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/<br><br>検索連動型広告(けんさくれんどうがたこうこく)とは、インターネット広告の一種で、検索エンジンで一般ユーザーが検索したキーワードに関連した広告を検索結果画面に表示する広告(テキスト形式)である(サーチエンジンマーケティング)。 「検索キーワード連動型広告」、「検索広告」、「検索キーワード広告」「リスティング広告」、またはクリック毎に広告主(クライアント)の費用が課金されること(クリック課金(PPC:Pay Per Click))から「P4P(Pay for Performance)」などとも呼ばれる。最近では、Facebook広告などとともに、運用型広告のひとつとされるようにもなっている。Yahoo!に買収された有料リスティングサービス専業企業・米国Overtureの「スポンサードサーチ」やGoogleの「グーグル広告(旧AdWords)」が有名である。 ・・・
出典: Google広告 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2019年7月19日 (金) 03:52 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/<br><br>Google 広告(Google Ads)は、Googleが提供する広告出稿サービスである。出稿された広告は、Google Adsenseなどを用いて様々なWebサイトに表示される。2018年7月に現在のサービスに変更を行っており、旧称は「Google Adwords」であった。<br><br>[概要]<br>予め、その広告に関連するワードを設定しておくことで、Google 検索の検索結果表示画面などにおいて、ユーザーの検索ワードに適した広告が表示される。また、Google Adsenseと関連したサービスであり、Google Adsenseを使用したWebサイトでも表示される。 ・・・

【 ICT用語辞典へ(外部リンク)】

検索連動型広告 (Wikipedia)
Google 広告 (Wikipedia)

【 Adwords の同義語と関連語 】
< 1 >
検索連動型広告 P4P Pay for Performance キーワード連動型広告
けんさくれんどうがたこうこく コンテンツマッチ サーチエンジンマーケティング ピーフォーピー
プレシジョンマッチ ペイ・フォー・パフォーマンス リスティング広告サービス 検索キーワード広告
検索キーワード連動型広告 検索広告













Adwords Google Ads Google Adwords Googleアドワーズ
Google広告 sponsored search アドワーズ スポンサード サーチ
スポンサード・サーチ スポンサードサーチ 旧Adwords 旧Google Adwords
旧Googleアドワーズ 旧アドワーズ 旧アドワーズ広告 旧称Adwords
旧称Google Adwords 旧称Googleアドワーズ 旧称アドワーズ 旧称アドワーズ広告
広告システム









ICT用語索引
記号 数字 A B C
D E F G H
I J K L M
N O P Q R
S T U V W
X Y Z

ワ・ヲ        

ICT用語辞典リンク集
ICT用語解説サイト120

バナースペース

パステム