本文へスキップ

 

 

ICT用語の意味と同義語


【 AES の意味 】
出典: AES 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2017年12月23日 (土) 13:41 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/<br><br>Advanced Encryption Standard (AES) は、DESに代わる新しい標準暗号となる共通鍵暗号アルゴリズムである。アメリカ国立標準技術研究所(NIST)の主導により公募され、Rijndael(ラインダール)がAESとして採用された。<br><br>[概要]<br> 以前の標準暗号であった「DES」は、時代の経過による相対的な強度の低下NSAの関与があるその設計の不透明性(詳細はDESの記事を参照)が問題であることから、新しい標準暗号としてアメリカ国立標準技術研究所(NIST)の主導により公募され、AESが選出された。2001年3月に FIPS PUB 197 として公表された。・・・
出典: Advanced Encryption Standard 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2019年1月13日 (日) 09:12 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/<br><br>Advanced Encryption Standard (AES) は、DESに代わる新しい標準暗号となる共通鍵暗号アルゴリズムである。アメリカ国立標準技術研究所(NIST)の主導により公募され、Rijndael(ラインダール)がAESとして採用された。<br><br>[概要]<br> AESはSPN構造のブロック暗号で、ブロック長は128ビット、鍵長は128ビット・192ビット・256ビットの3つが利用できる。AESの元となった Rijndael では、ブロック長と鍵長が可変で、128ビットから256ビットまでの32ビットの倍数が選べる。NISTが公募した際のスペックに従い、米国標準となったAESではブロック長は128ビットに固定、鍵長も3種類に限られた。 ・・・
出典: AES-NI 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2018年5月11日 (金) 13:20 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/<br><br>AES-NI (Advanced Encryption Standard New Instructions) はインテルおよびアドバンスト・マイクロ・デバイセズ (AMD) 製マイクロプロセッサのx86命令セットへの拡張機能で、2008年3月にインテルが発案した。AES-NIの目的は、AESによる暗号化および復号の高速化にある。同様の機能に、VIA Technologiesのプロセッサに実装されているPadLockがある。<br><br>[命令の一覧]<br> AESENC,AESENCLAST,AESDEC,AESDECLAST,AESKEYGENASSIST,AESIMC,PCLMULQDQ ...


【 AES の意味 】
出典: CRYPTREC 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2018年6月1日 (金) 01:00 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/<br><br>CRYPTREC(くりぷとれっく、Cryptography Research and Evaluation Committees) とは、電子政府推奨暗号の安全性を評価・監視し、暗号技術の適切な実装法・運用法を調査・検討するプロジェクトである。<br><br>[電子政府における調達のために参照すべき暗号のリスト] 電子政府における調達のために参照すべき暗号のリストは、CRYPTRECが選定し、総務省と経済産業省が共同で所管する、電子政府での利用が推奨される暗号方式のリスト。平成15年(2003年)2月20日に電子政府推奨暗号リストとして初版が発表され、行政情報システム関係課長連絡会議において、「各府省は情報システムの構築に当たり暗号を利用する場合は、可能な限り、電子政府推奨暗号リストに掲載された暗号の利用を推進する」旨が定められた。2012年度にリストの改定が行われ、2013年3月1日に電子政府における調達のために参照すべき暗号のリストとして3種類のリスト(改訂した電子政府推奨暗号リスト、推奨候補暗号リスト、運用監視暗号リスト)が公表された。 ・・・
出典: Temporal Key Integrity Protocol 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2019年3月26日 (火) 06:28 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/<br><br>Temporal Key Integrity Protocol、略称TKIP(ティーキップ)は、IEEE 802.11 無線ネットワーク規格で使われているセキュリティプロトコル。<br><br>[背景] TKIPは、IEEE 802.11i タスクグループと Wi-Fi Alliance が既存ハードウェアを置換することなくWEPを代替する手法として設計した。これは、WEPのデータリンク層のセキュリティが脆弱であることが明らかになったためで、既に使われているハードウェアにも実装できる代替手段が求められていた。2002年10月31日、Wi-Fi Alliance はTKIPをWi-Fi Protected Access (WPA) の名称で承認した。IEEEは2004年7月23日に発表した IEEE 802.11i-2004 で、より頑健なIEEE 802.1XやAESベースのCCMPと共に最終版のTKIPを承認した。Wi-Fi Alliance は間もなく完全な仕様を採用し、WPA2 の名前で普及推進するようになった。TKIPは設計時の寿命に到達しつつあり、次回の802.11規格の全面改版時には外される可能性がある。 ・・・
出典: Wi-Fi Protected Access 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2019年3月26日 (火) 06:29 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/<br><br>Wi-Fi Protected Access(WPA)とは、Wi-Fi Alliance の監督下で行われている認証プログラム。Wi-Fi Alliance が策定したセキュリティプロトコルにそのネットワーク機器が準拠していることを示すものである。また、そのセキュリティプロトコルそのものも指す。これまでにWPA、WPA2、WPA3の3つのプログラム及びプロトコルが策定された。<br><br>[概要] WPAプロトコルは、それ以前の Wired Equivalent Privacy (WEP) に対して脆弱性を指摘されたため、その対策として策定された。IEEE 802.11i の主要部分を実装したプロトコルであり、802.11i が完成するまでの間、WEP の代替として一時的に使うために策定された。<br><br>[WPA] データはRC4ストリーム暗号で暗号化され、鍵は128ビット、初期化ベクトル (IV) は48ビットである。WEP からの主要な改善点は Temporal Key Integrity Protocol (TKIP) である。これはシステム運用中に動的に鍵を変更するプロトコルである。それに大きな初期化ベクトルを組合せることで、WEP での関連鍵攻撃に対する脆弱性への対策とした。 ・・・


【 AES の意味 】
出典: Wi-Fi Protected Access 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2019年3月26日 (火) 06:29 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/<br><br>Wi-Fi Protected Access(WPA)とは、Wi-Fi Alliance の監督下で行われている認証プログラム。Wi-Fi Alliance が策定したセキュリティプロトコルにそのネットワーク機器が準拠していることを示すものである。また、そのセキュリティプロトコルそのものも指す。これまでにWPA、WPA2、WPA3の3つのプログラム及びプロトコルが策定された。<br><br>[概要] WPAプロトコルは、それ以前の Wired Equivalent Privacy (WEP) に対して脆弱性を指摘されたため、その対策として策定された。IEEE 802.11i の主要部分を実装したプロトコルであり、802.11i が完成するまでの間、WEP の代替として一時的に使うために策定された。<br><br>[WPA2] Wi-Fi Alliance の WPA2 プログラムで認証される拡張プロトコルは、802.11i の必須部分を実装したものである。特に新たにAES(共通鍵暗号方式)ベースのアルゴリズム CCMP を導入している。2006年3月13日から、WPA2 認証を受けないと "Wi-Fi CERTIFIED" を名乗れなくなった。 ・・・
出典: Wi-Fi Protected Access 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2019年3月26日 (火) 06:29 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/<br><br>Wi-Fi Protected Access(WPA)とは、Wi-Fi Alliance の監督下で行われている認証プログラム。Wi-Fi Alliance が策定したセキュリティプロトコルにそのネットワーク機器が準拠していることを示すものである。また、そのセキュリティプロトコルそのものも指す。これまでにWPA、WPA2、WPA3の3つのプログラム及びプロトコルが策定された。<br><br>[概要] WPAプロトコルは、それ以前の Wired Equivalent Privacy (WEP) に対して脆弱性を指摘されたため、その対策として策定された。IEEE 802.11i の主要部分を実装したプロトコルであり、802.11i が完成するまでの間、WEP の代替として一時的に使うために策定された。<br><br>[WPA3] WPA3-Personal ではWPA-Personal、WPA2-Personalで使用していたPSKに代わり、ユーザの入力したパスワードをSAE (Simultaneous Authentication of Equals)で処理したPMKを利用する。PMK算出後は、従来のWPA/WPA2と同様に4-way handshakeによる鍵交換が実施される。 ・・・

【 ICT用語辞典へ(外部リンク)】

暗号化の仕組み (大塚商会)
iSPIS ツール ダウンロード (I・O DATA)
暗号化の仕組み (総務省)
Wi-Fi Protected Access (Wikipedia)
Temporal Key Integrity Protocol (Wikipedia)
AES (Wikipedia)
iSPIS (ASCII.jp)
CRYPTREC (Wikipedia)
AES-NI (Wikipedia)
暗号化とは? (サイバーセキュリティ.com)
Advanced Encryption Standard (Wikipedia)

【 AES の同義語と関連語 】
< 1 >
AES `æpləkéɪʃən ɪnvάɪərəmənt spèsəfɪkéɪʃən Application Environment Specification アプリィケイシュン・インヴァイァメントゥ・スペセフィケイシュン
アプリケーション・エンバイアメント・スペシフィケーション アプリケーション環境仕様





















Environment ɪnvάɪərəmənt インヴァイァメントゥ エンバイアメント
環境 周囲 周囲の状況
Specification spèsəfɪkéɪʃən スペセフィケイシュン スペシフィケーション
スペック 設計書 仕様 仕様書














【 AES の同義語と関連語 】
< 2 >
AES ədvˈænst ɛnkrɪ́pʃən stˈændɚd Advanced Encryption Standard AES暗号
FIPS PUB 197 Rijndael アドゥヴァンストゥ・エンクリプシャン・スタンダゥードゥ アドバーンスト・エンクリプション・スタンダード
エーイーエス ラインダール レインダールゥ レインデールゥ
次世代暗号化標準 新世代標準暗号化方式













DES Joan Daemen Joan Daemen氏 Vincent Rijmen
Vincent Rijmen氏 暗号化方式 共通鍵 共通鍵暗号
共通鍵方式 秘密鍵 秘密鍵方式
Encryption ɛnkrɪ́pʃən エンクリプシャン エンクリプション
暗号化 符号化











【 AES の同義語と関連語 】
< 3 >
AES AES/EBU Audio Engineering Society/European Broadcasting Union EBU
S/PDIF エーイーエス/イービーユー オーディオ技術者協会 欧州放送連合
業務用デジタル音声信号伝送規格
















































【 AES の同義語と関連語 】
< 4 >
AES Block cipher Camellia CAST-128
CIPHERUNICORN-A CIPHERUNICORN-E DES Hierocrypt-3
Hierocrypt-L1 KASUMI Lucifer MISTY1
MULTI2 SC2000 SEED TDEA
トリプルDES ブロック暗号 換字処理 転置処理






































【 AES の同義語と関連語 】
< 5 >
AES-256bit 256bitAES 256ビットAES 256ビット・エーイーエス
Advanced Encryption Standard 256bit AES 256-bit AES 256-bit encryption AES 256ビット暗号
AES-256ビット AES256 アドゥヴァンストゥ・エンクリプション・スタンダゥードゥ 256 ビットゥ エーイーエス256ビット
















AES 共通鍵暗号アルゴリズム 共通鍵暗号方式
Encryption ɛnkrɪ́pʃən エンクリプシャン エンクリプション
暗号化 符号化



















【 AES の同義語と関連語 】
< 6 >
AES-NI ədvˈænst ɛnkrɪ́pʃən stˈændɚd njúː ɪnstrʌ́kʃənz Advanced Encryption Standard New Instructions Advanced Encryption Standard-New Instructions
AES New Instruction AES New Instructions AES new instruction AES new instructions
AESDEC AESDECLAST AESENC AESENCLAST
AESIMC AESKEYGENASSIST AESに関する新命令 AES命令
PCLMULQDQ アドゥヴァンストゥ エンクリプシャン スタンダゥードゥ ヌー インストゥラクションズ アドゥヴァンストゥ・エンクリプシャン・スタンダゥードゥ・ヌー・インストゥラクションズ アドバーンスト エンクリプション スタンダード ニュー インストラクションズ
アドバーンスト・エンクリプション・スタンダード・ニュー・インストラクションズ エーイーエスエヌアイ





ədvˈænst ɛnkrɪ́pʃən stˈændɚd Advanced Encryption Standard AES PadLock
Rijndael 暗号化 暗号化規格 暗号化方式
暗号化命令 暗号処理



















【 AES の同義語と関連語 】
< 7 >
CRYPTREC 3-key Triple DES AES Camellia
CBC CFB Cryptography Research and Evaluation Committees CTR
DH DSA ECDH ECDSA
KCipher-2 OFB RSA-OAEP RSA-PSS
RSASSA RSASSA-PKCS1-v1_5 SHA-256 SHA-384
SHA-512 クリプトレック 暗号技術評価プロジェクト 運用監視暗号リスト
推奨候補暗号リスト 電子政府推奨暗号リスト

Cryptography クリプトゥグラフィー クリプトグラフィー 暗号学
暗号法 符号化























【 AES の同義語と関連語 】
< 8 >
information Security Protection by I-O DATA Solution information Security & Protection by I-O DATA Solution iSPIS アイ・スパイス
























Advanced Encryption Standard AES AES暗号化 e-割符
e-割符V3 HDDロック SUGate Trusted Structure of Security Lock
TSSLテクノロジー VOLATILE セキュリティ・ソリューション データ自動消去機能
ボラタイル 暗号フォルダ 情報セキュリティ対策 情報漏洩抑止
秘密分散法












【 AES の同義語と関連語 】
< 9 >
TKIP Temporal Key Integrity Protocol Wi-Fi Protected Access Temporal Key Integrity Protocol WPA-TKIP
ティーキップ テンプラゥルゥ・キー・インテグリティー・プロトゥコァールゥ テンポラル・キー・インテグリティー・プロトコル




















AES IEEE 802.11i IEEE 802.11i-2004 IEEE 802.1X
RC4 Wi-Fi Wi-Fi Protected Access Wi-Fi Protected Access 2
Wi-Fi Protected Access II WPA WPA2 WPA2-AES
アイトリプルイー 802.11 アイ セキュリティプロトコル セキュリティ通信 ダブリューピーエー
ワイファイ ワイファイ・プロテクティド・アクセス ワイファイ・プロテクティド・アクセス・トゥー 暗号化通信プロトコル










【 AES の同義語と関連語 】
< 10 >
WPA Personal WPA Wi-Fi Protected Access ダブリューピーエー
ワイファイ・プロテクティド・アクセス






















AES IEEE 802.11i IEEE 802.1X RC4
Temporal Key Integrity Protocol TKIP WEP Wi-Fi
Wi-Fi Protected Access 2 Wi-Fi Protected Access II Wi-Fi Protected Access Temporal Key Integrity Protocol WPA-TKIP
WPA2 WPA2-AES WPA3 アイトリプルイー 802.11 アイ
セキュリティ通信 ティーキップ ワイファイ ワイファイ・プロテクティド・アクセス・トゥー
暗号化通信プロトコル








【 AES の同義語と関連語 】
< 11 >
WPA2 Wi-Fi Protected Access 2 Wi-Fi Protected Access II WPA2-AES
ワイファイ・プロテクティド・アクセス・トゥー






















AES IEEE 802.11i IEEE 802.1X Personal WPA
RC4 Temporal Key Integrity Protocol TKIP WEP
Wi-Fi Wi-Fi Protected Access Wi-Fi Protected Access Temporal Key Integrity Protocol WPA-TKIP
WPA3 アイトリプルイー 802.11 アイ セキュリティ通信 ダブリューピーエー
ティーキップ ワイファイ ワイファイ・プロテクティド・アクセス 暗号化通信プロトコル










【 AES の同義語と関連語 】
< 12 >
WPA3 Wi-Fi Protected Access 3 Wi-Fi Protected Access III WPA3-Enterprise
WPA3-Personal ワイファイ・プロテクティド・アクセス・スリー





















AES IEEE 802.11i IEEE 802.1X Personal WPA
PMK RC4 Temporal Key Integrity Protocol TKIP
WEP Wi-Fi Wi-Fi Protected Access Wi-Fi Protected Access Temporal Key Integrity Protocol
WPA-TKIP WPA2 WPA2-AES アイトリプルイー 802.11 アイ
セキュリティ通信 ダブリューピーエー ティーキップ ワイファイ
ワイファイ・プロテクティド・アクセス 暗号化通信プロトコル







【 AES の同義語と関連語 】
< 13 >
暗号化 encryption あんごうか エンクリプシャン
エンクリプション






















Adi Shamir Adi Shamir氏 AES cryptography
DES FEAL IDEA Leonard Adleman氏
RC4 Ronald Rivest氏 RSA RSA暗号
アールエスエー クリプタゥーグラフィ 暗号 暗号化手法
暗号技術 暗号法 共通鍵暗号方式 公開鍵暗号
公開鍵暗号方式 楕円曲線暗号 秘密鍵暗号 秘密鍵暗号方式
復号化





ICT用語索引
記号 数字 A B C
D E F G H
I J K L M
N O P Q R
S T U V W
X Y Z

ワ・ヲ        

ICT用語辞典リンク集
ICT用語解説サイト120

バナースペース

パステム