本文へスキップ

 

 

ICT用語の意味と同義語


【 AFR の意味 】
出典: CrossFireX 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2016年12月17日 (土) 16:03 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/<br><br>CrossFire(クロスファイア)およびCrossFireX(クロスファイア エックス)は、ATI Technologies(現AMD)が開発したマルチGPU技術である。CrossFire/CrossFireX対応グラフィックスカード(ビデオカード、ビデオボード、グラフィックスボード、グラフィックスチップ)を、同一のマザーボード上に複数枚挿入し、それらを電気的に接続する。複数個のGPUによる並列処理により、処理能力の大幅な向上が期待できる。AMD製チップセットを搭載したマザーボードに限らず、インテル製チップセットを搭載したマザーボードでも構築できる点が大きな特徴といえる。現在は最大4個のGPUを並列動作可能なCrossFireXとなっている(GPU2個搭載のデュアルGPUカードは2枚まで、また通常のシングルGPUカードは4枚まで接続可能)。 ・・・

【 ICT用語辞典へ(外部リンク)】


【 AFR の同義語と関連語 】
< 1 >
3-way SLI AFR AMD CrossFireX ATI Catalyst
Catalyst Catalyst Control Center CFX CrossFire
CrossFire Edition CrossFireX Native CrossFire NVIDIA SLI
NVIDIA SLIテクノロジー Quad SLI Scalable Link Interface SFR
SLI SLI Antialiasingモード Voodoo2 エーティーアイカタリスト
カタリスト クロスファイア クロスファイア エックス




ATI Technologies ATI Technologies社 マルチGPU マルチGPU化
マルチGPU構成

























ICT用語索引
記号 数字 A B C
D E F G H
I J K L M
N O P Q R
S T U V W
X Y Z

ワ・ヲ        

ICT用語辞典リンク集
ICT用語解説サイト120

バナースペース

パステム