本文へスキップ

 

 

ICT用語の意味と同義語


【 Agner Krarup Erlang の意味 】
出典: アーラン 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2015年10月17日 (土) 02:29 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/<br><br>アーラン(英語 erlang)は音声電話の分野で用いられる、通信トラヒック量に関する統計的な尺度であり、無次元数である。デンマークの電話技師であり、通信トラヒック工学や待ち行列理論の開祖である、アグナー・アーランの名にちなむ。<br><br>[概要]<br> トラヒックの計算において、1アーランは1つの資源を継続的に利用している(または2つの資源を50%の頻度で利用している、などの)状況を意味している。 ・・・

【 ICT用語辞典へ(外部リンク)】

アーラン (Wikipedia)

【 Agner Krarup Erlang の同義語と関連語 】
< 1 >
アーラン ˈɚːlǽŋ E el
erl erlang アーランB式 アーランC式
アーラン値 アゥーラゥング 拡張アーランB式
















Agner K.Erlang Agner Krarup Erlang アグナー・アーラン エングセットの公式



























ICT用語索引
記号 数字 A B C
D E F G H
I J K L M
N O P Q R
S T U V W
X Y Z

ワ・ヲ        

ICT用語辞典リンク集
ICT用語解説サイト120

バナースペース

パステム