本文へスキップ

 

 

ICT用語の意味と同義語


【 Alam kay の意味 】
出典: アラン・ケイ 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2019年3月12日 (火) 12:39 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/<br><br>アラン・カーティス・ケイ(Alan Curtis Kay, 1940年5月17日 - )は、アメリカ合衆国の計算機科学者、教育者、ジャズ演奏家。パーソナルコンピュータの父、と言われることもある。主に、オブジェクト指向プログラミングとユーザインタフェース設計に関する初期の功績で知られている。・・・ マイクロコンピュータ以前の時代に、個人の活動を支援する「パーソナルコンピュータ」という概念を提唱した。・・・<br><br>[パロアルト研究所時代まで]<br>1970年、ケイはゼロックス社のパロアルト研究所の設立に参加した。パロアルト研究所には1970年代を通じて在籍し、自ら提唱する理想端末「ダイナブック」を、当時利用可能な技術で具現化した暫定的ハードウエアである「Alto」と、エンドユーザーが自在にプログラミング可能で、それを全方面からサポートする機能を有する暫定的環境「Smalltalk」の開発において指導的立場をとった。このSmalltalk環境の動作するAlto(暫定ダイナブック)を見学する機会を得たスティーブ・ジョブズが、そのアイデアを大いに取り入れてLisa、続くMacintoshを開発した、というのは有名な話である。 ・・・

【 ICT用語辞典へ(外部リンク)】

アラン・ケイ (Wikipedia)

【 Alam kay の同義語と関連語 】
< 1 >
アラン・ケイ A.ケイ Alam kay Alan Curtis Kay
アェラゥン・カゥーデス・ケイ アラン・C.ケイ アラン・カーティス・ケイ




















Alto Dynabook Smalltalk アルト
ダイナブック ダイナミックな本 パーソナルコンピュータの父 計算機科学者























ICT用語索引
記号 数字 A B C
D E F G H
I J K L M
N O P Q R
S T U V W
X Y Z

ワ・ヲ        

ICT用語辞典リンク集
ICT用語解説サイト120

バナースペース

パステム