本文へスキップ

 


 

ICT用語の意味と同義語

【 「AMD Athlon 3000+ CPU」又はそれに関連する用語の意味 】
Athlon 64からAthlonに改定
出典: Athlon 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2019年4月10日 (水) 10:42 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/<br><br> Athlon(アスロン)は、AMDのx86アーキテクチャのマイクロプロセッサの名称である。Athlonは、K7と呼ばれる第7世代のプロセッサの1シリーズとして開始されたが、第8世代のK8、更にその後継のK10(K9は中止された)にAthlonの名称は引き継がれた。<br><br>[概要]<br> 大きく分けると、以下の4つに分けられる。<br>● 初期型のAthlon<br>● プリフェッチなど機能を拡張したAthlon XP<br>● XPをマルチプロセッサ対応にしたAthlon MP<br>● 派生製品の廉価版Duron。 ・・・
出典: Athlon 64 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2019年2月11日 (月) 02:29 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/<br><br> Athlon 64(アスロン ろくじゅうよん)は、AMDのx86アーキテクチャのマイクロプロセッサ。Athlon 64は、Opteronと同じAMD64技術を搭載した。従来のAthlonシリーズはK7アーキテクチャであったのに対し、Athlon 64とその派生製品はK8アーキテクチャが採用した。同じK8アーキテクチャを採用した上位モデルのAthlon 64 FXと、デュアルコアプロセッサーのAthlon 64 X2が存在する。<br><br>[Orleans(オルレアン)]<br> 90nm SOIで作成されたAthlon 64プロセッサ。メモリコントローラが変更されDDR2 SDRAMに移行した。これに伴い、940pinのSocket AM2に変更になった。



【 他のICT用語辞典へ(外部リンク)】

Athlon (Wikipedia)
Athlon 64 (Wikipedia)



【 AMD Athlon 3000+ CPU の同義語と関連語 】
< 1 >
AMD Athlon 3000+ プロセッサー AMD Athlon 3000+ AMD Athlon 3000+ 1.8GHz Single Core Processor AMD Athlon 3000+ CPU
AMD Athlon 3000+ Processor AMD CPU Athlon 3000+ Athlon 3000+ アスロン 3000+
エーエムディー アスロン 3000+ エーエムディー アスロン 3000+ プロセッサー

















1.8GHz 1Core 1コア 64bit
90nm AMD Athlon AMD-V AMD64
Athlon C'n'Q Cool'n'Quiet Extended 3DNow!
HyperTransport K8マイクロアーキテクチャ L2 512KB Orleans
Socket AM2 SSE SSE2 SSE3
TDP 62W アスロン オルレアン ソケットAM2
第3世代 Athlon 64

更新日:2020年 4月14日




ICT用語索引
記号 数字 A B C
D E F G H
I J K L M
N O P Q R
S T U V W
X Y Z

ワ・ヲ        
背景薄緑色の文字が編集完了です
ICT用語辞典リンク集
ICT用語解説サイト120

バナースペース

     P A S T E M