本文へスキップ

 


 

ICT用語の意味と同義語

【 「app内課金」又はそれに関連する用語の意味 】
出典: アイテム課金 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2019年5月30日 (木) 12:01 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/

 アイテム課金(アイテムかきん)とは、コンピュータゲーム内で利用できるアイテム(追加コンテンツ)を課金してユーザーに販売するビジネスモデル。

[概要]
 アプリケーション内で小出しで課金することによってサービスが拡充するというマイクロトランザクションと呼ばれるシステムの一種である。アイテム課金型ビジネスモデルを採用したゲームの多くは、プレイするにあたっての基本料金が無料である「基本無料」と呼ばれる形態のビジネスモデルを採用しているが、アイテム課金にその他の課金方法を組みあわせた「ハイブリッド課金」と呼ばれる形態のゲームも存在する。日本では一部でも無料で遊べる要素がある場合「基本無料」などと銘打っており、「一部有料のコンテンツがある」旨を、活字の小さい「打ち消し表示」の注意書きで書くことがある。 ・・・


HP Directplus -HP公式オンラインストア-


【 他のICT用語辞典へ(外部リンク)】

アプリ内課金 (KDDI)



【 app内課金 の同義語と関連語 】
< 1 >
アプリ内課金 アプリないかきん apuri nai kakin App内課金
app内課金 app内課金あり App内課金が有ります in-app billing
iːn ǽp bɪ́lɪŋ イェン アェップ ビィリィング イェン・アェップ・ビィリィング イン アップ ビリング
イン・アップ・ビリング in-app purchase iːn ǽp pˈɚːtʃəs イェン アェップ パゥーチェス
イェン・アェップ・パゥーチェス イン アップ パーチェス イン・アップ・パーチェス








アイテム課金 billing bɪ́lɪŋ
ビィリィング ビリング 請求 請求書
purchase pˈɚːtʃəs パゥーチェス
パーチェス 購入 購入品











更新日:2020年 8月24日




ICT用語索引
記号 数字 A B C
D E F G H
I J K L M
N O P Q R
S T U V W
X Y Z

ワ・ヲ        
背景薄緑色の文字が編集完了です
ICT用語辞典リンク集
ICT用語解説サイト120

バナースペース

     P A S T E M