本文へスキップ

 


 

ICT用語の意味と同義語

【 「ARPAnet」又はそれに関連する用語の意味 】
出典: ARPANET 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2017年11月21日 (火) 14:23 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/

 ARPANET(アーパネット、Advanced Research Projects Agency NETwork、高等研究計画局ネットワーク)は、世界で初めて運用されたパケット通信コンピュータネットワークであり、インターネットの起源でもある。アメリカ国防総省の高等研究計画局(略称ARPA、後にDARPA)が資金を提供し、いくつかの大学と研究機関でプロジェクトが行われた。ARPANETのパケット交換はイギリスの科学者ドナルド・デービスとリンカーン研究所のローレンス・ロバーツの設計に基づいていた。

[歴史]
 パケット交換は今日データ通信の基盤として世界中で使われているが、ARPANETの構想が持ち上がった当時は新しい概念だった。パケット交換が登場する以前、音声通信やデータ通信は回線交換が基本であり、電話の回線網のように電話をかけるたびに通信局から通信局まで専用の電気的接続がなされていた。この場合の通信局は電話やコンピュータである。この(一時的な)専用回線は多数の中継局間の回線から構成されており、発信局から受信局までを結ぶようになっている。パケット交換では、データシステムは単一の通信リンクを使って複数のマシンと通信する。データはデータグラムに分割され、パケットとしてそのネットワークのリンク上を転送される。パケットは小さいので、リンクはすぐに空き状態となり、別のパケットを転送可能となる。 ・・・

レバテック キャリア


【 他のICT用語辞典へ(外部リンク)】

ARPANET (Wikipedia)



【 ARPAnet の同義語と関連語 】
< 1 >
同義語・類義語 関連語・その他
ARPANET advanced
Advanced Research Project Agency NETwork ədvǽnst
Advanced Research Project Agency Network アェドゥヴァェンストゥ
Advanced Research Projects Agency Network アェドゥヴァェ́ンストゥ
ədvǽnst riːsə́rtʃ prɑ́dʒɛkts éidʒənsi nétwə̀ːrk アドバーンスト
アェドゥヴァェンストゥ リサゥーチ プロァジェクス エイジェンシィー ネットゥワゥーク アドバ́ーンスド
アェドゥヴァェンストゥ・リサゥーチ・プロァジェクス・エイジェンシィー・ネットゥワゥーク アドバンスト
アドバーンスト リサーチ プロジェクト エージェンシー ネットワーク [形容詞]
アドバーンスト・リサーチ・プロジェクト・エージェンシー・ネットワーク 高度な
ARPAnet 先進的な
ARPAネット 上級の
アーパネット 高機能の
アルパネット 高等の
高等研究計画局ネットワーク
NSFnet Research
riːsə́rtʃ

リサゥーチ

リサーチ

[名詞]

研究

学術研究

調査

[他動詞]
【 以下関連語 】 ~を研究する
ARPA [自動詞]
アーパ 調査する
DARPA 研究する
Internet
internet Agency
Web éidʒənsi
インターネット エイジェンシィー
サイバースペース エ́イジェンシィー
ドナルド・デービス エージェンシー
パケット交換網 エ́ージェンシー
ローレンス・ロバーツ [名詞]
高等研究計画局 機関
電網 機構
米国高等研究計画局
防衛高等研究計画局 特約店
代理店

更新日:2022年12月28日




ICT用語索引
記号 数字 A B C
D E F G H
I J K L M
N O P Q R
S T U V W
X Y Z

       
背景薄緑色の文字が編集完了
それ以外は書きかけの用語 
ICT用語辞典リンク集
ICT用語解説サイト120

バナースペース

     P A S T E M