本文へスキップ

 IT用語同義語辞典

 

IT用語同義語辞典

用語解説【Bank Memory Specification driver】
出典: バンク切り換え 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2018年10月6日 (土) 12:42 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/ バンク切り換え(バンクきりかえ、Bank Switching)はコンピュータのメモリ内のアドレス空間を、1次元配列から多次元配列にする事によりアクセス可能なアドレス空間を拡張する技術である。ミニコンピュータで生まれた技術である。8ビットのマイクロコンピュータシステムで一般に使われた技術であり、アクセス可能なRAMやROMの量をアドレスバスを拡張せずに増やすことを目的としていた。 [概要] かつてよく使われたタイプは、アドレス空間を2次元配列にする物である。たとえばアドレスバスが16ビットしか無く、まったく工夫されていない場合アドレス空間は65536ワードしか使えない。そこでたとえばアドレス0xc000番地から0xffff番地をバンク切り換えして二つの要素を持つようにすると、49152+16384×2=81920ワードを扱える様になる。 ・・・

IT用語同義語・関連語【Bank Memory Specification driver】
< 1 >
Bank Memory Specification Bank Switching BMS BMS方式
バンク切り換え ビーム・エム・エス





















Bank Memory Specification driver BMSドライバ ビーエムエスドライバ



























【 IT用語同義語辞典索引 】
記号 数字 A B C
D E F G H
I J K L M
N O P Q R
S T U V W
X Y Z


ワ・ヲ        


IT用語辞典リンク集
 各用語の詳しい解説は、用語を「ドラッグ《後「右クリック《し、このページから直接「Google検索《するか、「IT用語辞典リンク集《をご利用ください。

バナースペース

パステム

〒030-0944
Aomori-shi tutui yatsuhashi 31-403

TEL 017-728-5888
FAX 017-718-7038