本文へスキップ

 IT用語同義語辞典

 

IT用語同義語辞典


用語解説【Carbon nano horn】
出典: カーボンナノホーン 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2013年11月17日 (日) 09:46 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/

カーボンナノホーン(carbon nanohorn)は、炭素の同素体の1つ。ナノカーボンの一種で、グラフェン(グラファイトシート)を円錐形に丸めた構造をしている。CNHと略す。ナノホーンと略すこともある。グラフェンを円筒形に曲げた構造のカーボンナノチューブ (CNT) に似ており、後述するように実際には部分的にCNT構造を取るため、CNTに含められることもある。  [発見] 1998年、NECの飯島澄男らが発見した。飯島はCNTの発見者でもある。

[構造] 実際のカーボンナノホーンは、特殊な形状で得られる。多数のカーボンナノホーンが頂点を外側に向けて集まった、直径100 nm前後の集合体(カーボンナノホーン粒子)として得られる。この形はしばしばウニに例えられる。各々のカーボンナノホーンは、ある程度広がると、五員環により内側へと曲がり、5 nm前後の、CNTと同じ円筒構造に移行する。そのため実際は、カーボンナノホーンで端を閉じられたCNTだと言える。なお、(CNTと同様に)円錐・円筒部分にも多少の五員環や七員環が存在し、不規則に曲がったり凸凹したりしている。 ・・・

各社ICT用語辞典へリンク (外部サイト)

IT用語同義語・関連語【Carbon nano horn】
< 1 >
Carbon nano horn carbon nanohorn CNH カーブンナノホーアン
カーボンナノホーン ナノホーン





















CNT カーボンナノチューブ グラファイトシート グラフェン
ナノカーボン

























【 IT用語同義語辞典索引 】
記号 数字 A B C
D E F G H
I J K L M
N O P Q R
S T U V W
X Y Z

ワ・ヲ        

IT用語辞典リンク集
 用語詳細はドラッグ後ウェブ検索,
外部リンク,IT用語辞典リンク集

バナースペース

パステム