本文へスキップ

 

 

ICT用語の意味と同義語


【 Celeron M の意味 】
出典: Socket 478 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2017年3月22日 (水) 07:21 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/

Socket 478は、インテルのPentium 4やCeleronシリーズのCPUで使用されるCPUソケットである。狭義には左記のとおり電子部品であるソケット自体を指すが、転じて広義には、このソケットとともに用いられた各種規格も含み、このソケットに挿すことができるCPUの仕様を言う。Socket 478は、全てのNorthwoodコアのPentium 4とCeleron、初期のPrescottコアのPentium 4、一部のWillametteコアのCeleronとPentium 4で使用された。Socket 478は、より新しいPrescottコアのCeleron Dと、2MBのL3キャッシュを持つ初期のPentium 4 Extreme Editionプロセッサもサポートしている。 ・・・

【 ICT用語辞典へ(外部リンク)】


Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)
【 Celeron M の同義語と関連語 】
< 1 >
478ピン 479ピン 479本 Celeron M
Core 2 Duo Core Duo Core Solo mFCPGA
mPGA479M Pentium M Socket 479 Socket479
セレロンM ソケット479 ペンティアムM










































【 Celeron M の同義語と関連語 】
< 2 >
Banias Baniasコア Celeron M セレロンエム
ディープスリープモード バニアス





















































ICT用語索引
記号 数字 A B C
D E F G H
I J K L M
N O P Q R
S T U V W
X Y Z

ワ・ヲ        
背景薄緑色の文字が編集完了です
ICT用語辞典リンク集
ICT用語解説サイト120

バナースペース

パステム