本文へスキップ

 

 

ICT用語の意味と同義語


【 common year の意味 】
出典: 閏年 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2018年5月25日 (金) 12:02 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/

閏年(うるうどし、じゅんねん、英語: leap year)とは、閏のある年である。これに対し、閏年ではない年を平年と呼ぶ。閏年は、太陽暦においては太陽の運行と暦のずれを補正するために、平年より暦日が一つ多く、太陰太陽暦においては、月の運行とのずれを補正するために暦月が一つ多い。その追加された日や月を閏日・閏月、総称して閏と呼ぶ。閏の挿入規則を置閏法(ちじゅんほう)と呼ぶ。なお、「閏」の字が常用漢字表に含まれていないため、うるう年やうるう月、うるう日と書かれる場合もある。 ・・・

【 ICT用語辞典へ(外部リンク)】


【 common year の同義語と関連語 】
< 1 >
leap year うるう年 じゅんねん リィープ・イヤー
閏のある年 閏年





















common year へいねん 平年




























ICT用語索引
記号 数字 A B C
D E F G H
I J K L M
N O P Q R
S T U V W
X Y Z

ワ・ヲ        

ICT用語辞典リンク集
ICT用語解説サイト120

バナースペース

パステム