本文へスキップ

 

 

ICT用語の意味と同義語


【 Community の意味 】
出典: BEMS 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2017年12月19日 (火) 11:36 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/

 BEMS(ベムス)とは「Building Energy Management System」の略で、ビルエネルギー管理システムのことを指す。

[概要]
 ビルの機器・設備等の運転管理によってエネルギー消費量の削減を図るためのシステムのことである。類義語にBEEMS(Building Environment and Energy Management System)やHEMS(Home Energy Management system)がある。BEMSを構成する古典的な技術としては、Modbus、Lonworks、BACnetなどがある。また、次世代型の(クラウド的な)BEMSを構成する標準技術としてIEEE1888がある。 ・・・
出典: IEEE 1888 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2017年12月19日 (火) 11:59 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/

 IEEE1888は、次世代BEMSやスマートグリッド向けに開発され、2011年に国際標準化されたオープンな通信規格である。正式名を UGCCNet (Ubiquitous Green Community Control Network)と呼ぶ。この規格の開発には、日本の東大グリーンICTプロジェクトが関与しており、日本では、FIAP(ふぃあっぷ: Facility Information Access Protocol) と呼ぶこともある。IEEE1888は、あらゆるセンサ情報をインターネット・オンライン化することだけが目的ではない。BEMSなどに関係する様々な情報システム(アプリケーション・ソフトウェアやクラウド・サービス)をベンダーの枠を超えて連携可能にすることが目的となっている。そのため、IEEE1888には、HTTPとXMLによる通信方式が採用されている。また、データ保管(共有)機能が提供できるように設計されている。 ・・・

【 ICT用語辞典へ(外部リンク)】

BEMS (Wikipedia)
IEEE 1888 (Wikipedia)

【 Community の同義語と関連語 】
< 1 >
IEEE 1888 Facility Information Access Protocol fəsíləṭi ìnfɚméɪʃən ˈækses próʊṭək`ɔːl ファゥシィリィティー インフォァメイシュン アェクセス プロトゥコァールゥ
ファゥシィリィティー・インフォァメイシュン・アェクセス・プロトゥコァールゥ ファシリティー インフォメーション アクセス プロトコル ファシリティー・インフォメーション・アクセス・プロトコル FIAP
IEEE1888 アイトリプルイーいちはちはちはち フィアップ
UGCCNet Ubiquitous Green Community Control Network juːbíkwəṭəs gríːn kəntrˈəʊl nétw`ɚːk ユービクダゥス グリーン キャミュニディー コァントゥロウルゥ ネットゥワゥーク
ユービクダゥス・グリーン・キャミュニディー・コァントゥロウルゥ・ネットゥワゥーク










BEMS Building Energy Management System スマートグリッド ビルエネルギー管理システム
ベムス Facility fəsíləṭi
ファゥシィリィティー ファシリティー 設備 施設
ubiquitous juːbíkwəṭəs ユービクダゥス
ユービクタゥス 至る所にある 偏在する 至る所に存在する
Community kəmjúːnəṭi キャミュニディー
コミュニティー 地域社会





ICT用語索引
記号 数字 A B C
D E F G H
I J K L M
N O P Q R
S T U V W
X Y Z

ワ・ヲ        

ICT用語辞典リンク集
ICT用語解説サイト120

バナースペース

パステム