本文へスキップ

 

 

ICT用語の意味と同義語


【 Compact Disc-ReWritable の意味 】
出典: CD-RW 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2018年6月1日 (金) 13:59 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/

CD-RW (Compact Disc-ReWritable) は、データの消去が可能で、書き換えができるコンパクトディスク。

[概要] リコー、三菱化学メディア、ソニー、フィリップス、ヒューレット・パッカードの5社によって共同で規格が開発され、1996年10月に発表された。ドライブ、およびメディアの一般販売は1997年から行われた。記録可能なCDであるという点ではCD-Rに似ているが、CD-Rが一度書き込んだら変更が効かないのに対し、CD-RWは全体を消去したうえで何度も書き込みができるのが特徴である。CD-Rは色素を焼いて記録するのに対し、CD-RWはディスク上の記録素材をレーザーで熱して結晶構造を変えることによって反射率を変化させる。 ・・・

【 ICT用語辞典へ(外部リンク)】


【 Compact Disc-ReWritable の同義語と関連語 】
< 1 >
CD-RW Compact Disc-ReWritable Compact Disk ReWritable コンパクト・デスク・リライタブル
コンパクトゥ・デスク・リライタゥボルゥ シー・ディー・アール・ダブリュー シー・ディー・アール・ダブル シーディーアールダブリュー
シーディーアールダブル シーディーリライタブル

















































ICT用語索引
記号 数字 A B C
D E F G H
I J K L M
N O P Q R
S T U V W
X Y Z

ワ・ヲ        

ICT用語辞典リンク集
ICT用語解説サイト120

バナースペース

パステム