本文へスキップ

 

 

ICT用語の意味と同義語


【 Component Integration Laboratories の意味 】
出典: OpenDoc 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2018年9月2日 (日) 17:20 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/

OpenDoc(オープンドック)は、アップルコンピュータ(現「アップル」)が開発した、コンパウンド・ドキュメントと、ドキュメント中心の操作実現する技術で、アップル版OLEと言える。コードネームはBento。「オープン」が付くことから分かるように、公開された技術である。このOpenDoc に協賛したIBMをはじめとする各社がコンポーネント・インテグレーション・ラボラトリーズを組織し、Windows版、OS/2版を開発したが、ほとんど活用されることなく姿を消した。 OpenDocを使用したものとして、ウェブブラウザやメールクライアントなどを統合したアップルのCyberdogがある。また、クラリスワークス(後のAppleWorks)や Netscape Navigator もOpenDocに対応する計画があった。 ・・・

【 ICT用語辞典へ(外部リンク)】


【 Component Integration Laboratories の同義語と関連語 】
< 1 >
CI Labs Component Integration Laboratories component integration laboratories コンポーネント・インテグレーション・ラボラトリーズ
























Bento OpenDoc





























ICT用語索引
記号 数字 A B C
D E F G H
I J K L M
N O P Q R
S T U V W
X Y Z

ワ・ヲ        

ICT用語辞典リンク集
ICT用語解説サイト120

バナースペース

パステム