本文へスキップ

 

 

ICT用語の意味と同義語


【 Component-based software engineering の意味 】
出典: ソフトウェアコンポーネント 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2017年6月13日 (火) 14:50 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/

ソフトウェアコンポーネント(Software Componentry)は、ソフトウェアシステムの様々な機能を関心の分離によって分割したものである。システムを独立した結合の弱い再利用可能なコンポーネント群で構成する設計技法は Component-based software engineering (CBSE) と呼ばれ、ソフトウェア工学の一分野となっている。コンポーネントの考え方は、サービス指向の起点となっている。例えば、Webサービスやサービス指向アーキテクチャ (SOA) ではソフトウェアコンポーネントの考え方を発展させサービスをコンポーネント化するという考え方をする。

[概要] 個々のソフトウェアコンポーネントは、ソフトウェアパッケージだったり、Webサービスだったり、ウェブリソースだったり、相互に関連する機能(とデータ)の集合をカプセル化したモジュールだったりする。 ・・・

【 ICT用語辞典へ(外部リンク)】


【 Component-based software engineering の同義語と関連語 】
< 1 >
Software Componentry software component ソフトゥウェア・コンポウネントゥ ソフトゥウェア・コンポウネントゥリィー
ソフトウェア・コンポーネント ソフト部品





















CBSE Component-based software engineering





























ICT用語索引
記号 数字 A B C
D E F G H
I J K L M
N O P Q R
S T U V W
X Y Z

ワ・ヲ        

ICT用語辞典リンク集
ICT用語解説サイト120

バナースペース

パステム