本文へスキップ

 

 

ICT用語の意味と同義語


【 D-sub25ピン の意味 】
出典: RS-422 『通信用語の基礎知識』 更新年月日 2006/02/04,URL: https://www.wdic.org/

 アメリカ電子工業会(EIA)定めたシリアル転送の物理層インターフェイス仕様。RSは推奨標準であり、厳密には規格ではない。正式な規格名は "ANSI/EIA/TIA-422-B-1994" である。

[機能と特徴]これはANSI/EIA/TIA-449という仕様の一つで、平衡での電気特性を定めた規格ANSI/EIA/TIA-422と、不平衡のANSI/EIA/TIA-423を規定している。不平衡伝送であるRS-423やRS-232Cは送受信に同じグラウンドを用いているが、平衡伝送のRS-422は別々になっている。このためRS-422はノイズに強い転送が可能。最大で10Mbps程度まで可能で、ケーブル長は最大1.54kmまでとなっている。
信号
信号はTTLレベルで、+5V〜+3VがH、+0.4V〜0VがLとなる。<コネクター>RS-422はコネクターの規定が無いため、D-sub 15ピン・9ピン・25ピン・37ピンなど、様々なものが使われている。 ・・・
出典: EIA-485 『通信用語の基礎知識』 更新年月日 2006/12/05,URL: https://www.wdic.org/

 アメリカ電子工業会(EIA)により規定された、バス型接続ネットワークシステムの物理層規格。

[概要]
 EIA-422(いわゆるRS-422)の上位に相当するネットワークシステムで、ISOではISO 8482が相当する。俗にRS-485とも。EIA-485が規定するのは信号レベルの仕様であり、その上位プロトコルや使用するコネクター等は一切規定していない。このため、EIA-485とは明記されていないものでも、実はEIA-485と同様の物理層が使われているものもある。

[技術的特徴]
 2線式の平衡伝送で半二重通信を行なう。この一つのライン上に32組のドライバーとレシーバーが接続可能。2線はそれぞれA/Bまたは+/−と呼ばれ、双方向通信をする場合は送受信で計4本の通信線を用いる。例えば、TX+/TX−/RX+/RX−の4本の信号線を使う。物理層は、例えばTTLレベル(0Vと5V)を用い、線同士の電位差は0.2V以上とする。両者の電圧は常に反転されており、Aがマーク状態(5V)であれば、Bはスペース状態(0V)でなければならない。この前提で、+信号線の電圧が−信号線よりも電圧が高ければ「1」、さもなくば「0」とし、データ通信を行なう。 ・・・
出典: EIA-422 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2017年7月20日 (木) 23:06 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/

 EIA-422は、「平衡デジタルインタフェース回路の電気的特性」を決める技術標準である。RS-422の公式なもので、今はTIA-422になっている。データ伝送のための平衡伝送ないし差動信号の採用、単方向/無反転、伝送路のターミネートの有無、ポイントツーポイント、マルチドロップなどが定められている。マルチドロップの代わりにマルチポイントであるRS-485と比較して、EIA-422は複数ドライバではなく複数レシーバのみ許している。EIA-422のよくある使い方は、RS-232C拡張としてである。ビデオ編集スタジオでは、すべてのビデオ/オーディオのプレイヤーやレコーダーを中央制御台に接続するための制御信号をつなげるのに使われている。 ・・・


【 D-sub25ピン の意味 】
出典: EIA-485 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2017年7月20日 (木) 23:06 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/

 EIA-485は、2線式、半二重、マルチポイントシリアル接続を特徴とする、OSI参照モデルでいう所の物理層の電気的仕様である。規格案段階(recommended-Standards)のRS-485ないしRS485のEIA規格となったものである。

[概要]
 この規格は差動信号を採用している。2線間電圧の違いによってどんなデータを伝送するかを表現する。電圧の一方が「1」レベルであれば、もう一方は「0」レベルを示す。正しい信号であると認識されるには、少なくとも電圧の差は0.2V以上ないといけない。受信側は+12Vから-7Vまでの電圧であれば正しいものと認識する。 ・・・
出典: RS-232 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2017年7月20日 (木) 23:05 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/

RS-232 (英語: Recommended Standard 232) は、シリアルポートのインターフェース規格である。基本的にはホストコンピュータや端末といった「データ端末装置」と、モデムなどの「データ回線終端装置」を繋ぐものとして設計されたが、パソコン同士の直接接続や、あらゆる周辺機器の接続用に広く使われた。

[正式規格] 「EIA-232-D/E」として規格が発行されている。「RS-232C」という呼称が広く使われているが、その後改訂されてEIA-232-Dとなった(RS-232Dとも呼ばれる)。さらに現在ではEIAとUSTSA (United States Telecommunications Suppliers Association) とが1988年に作った新組織電気通信工業会(TIA: Telecommunications Industry Association) が受け継いで「ANSI/TIA/EIA-232-F-1997」が現在の正式規格名となっている。正式な規格となったため、適合するかまたはこの規格を無視するかの選択を迫られた各メーカーは結局、無視を選んだところが多い。この規格に準拠するためには、同期通信機能を備え、また、サブチャンネル機能を備えるなど、コスト上昇に繋がる多くの機能を実装しなければならないが、実際には使われる場面は少ないのに加え一般に知名度が低く、この規格名をつけた商品はRS-232C準拠と書かれた商品より競争力が逆に低下するためである。 ・・・
出典: RS-232 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2017年7月20日 (木) 23:05 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/

RS-232 (英語: Recommended Standard 232) は、シリアルポートのインターフェース規格である。基本的にはホストコンピュータや端末といった「データ端末装置」と、モデムなどの「データ回線終端装置」を繋ぐものとして設計されたが、パソコン同士の直接接続や、あらゆる周辺機器の接続用に広く使われた。

[正式規格]「EIA-232-D/E」として規格が発行されている。「RS-232C」という呼称が広く使われているが、その後改訂されてEIA-232-Dとなった(RS-232Dとも呼ばれる)。さらに現在ではEIAとUSTSA (United States Telecommunications Suppliers Association) とが1988年に作った新組織電気通信工業会(TIA: Telecommunications Industry Association) が受け継いで「ANSI/TIA/EIA-232-F-1997」が現在の正式規格名となっている。正式な規格となったため、適合するかまたはこの規格を無視するかの選択を迫られた各メーカーは結局、無視を選んだところが多い。この規格に準拠するためには、同期通信機能を備え、また、サブチャンネル機能を備えるなど、コスト上昇に繋がる多くの機能を実装しなければならないが、実際には使われる場面は少ないのに加え一般に知名度が低く、この規格名をつけた商品はRS-232C準拠と書かれた商品より競争力が逆に低下するためである。 ・・・

【 ICT用語辞典へ(外部リンク)】

EIA-422 (Wikipedia)
EIA-485 (通信用語の基礎知識)
RS-422 (通信用語の基礎知識)
EIA-485 (Wikipedia)
RS-232 (Wikipedia)

【 D-sub25ピン の同義語と関連語 】
< 1 >
EIA-422 ANSI/EIA/TIA-422-B-1994 Recommended Standard 422 RS-422
TIA-422 TIA-422 Electrical Characteristics of Balanced Voltage Differential Interface Circuits アールエス422 アールエスよんにーに




















10Mbps D-sub25ピン EIA-423 EIA-530
MIL-STD-188-114B シリアル通信 マルチドロップ接続 差動信号
平衡伝送 Recommended rɛ̀kəmɛ́ndəd
レカゥメンデッドゥ レコメンディッド おすすめする 勧める
推奨する 推薦する










【 D-sub25ピン の同義語と関連語 】
< 2 >
EIA-485 ISO 8482 RS-485 RS485
アールエス485 アールエスよんはちご





















10Mbps 32台 35Mbit/s D-sub25ピン
EIA-422 マルチポイント接続 差動信号 平衡型伝送路






















【 D-sub25ピン の同義語と関連語 】
< 3 >
RS-232 ANSI/EIA-232-D-1986 ANSI/TIA/EIA-232-F ANSI/TIA/EIA-232-F-1997
ANSI/TIA/EIA-574-90 EIA/TIA-232-E EIA-232-D EIA-232-D/E
EIA-232-E EIA-574 JIS X5101 Recommended Standard 232
Recommended Standard 232 Version C Recommended Standard 232 version C Recommended Standard 232-C Recommended Standard 232C
RS-232C RS-232C準拠 RS-232D RS232C
SERIAL(1) アールエスにーさんにシー レカゥメンデッドゥ・スタェンダゥードゥ・トゥー・スゥリー・トゥー・ヴァージュン・シー レコメンディッド・スタンダード・ツー・スリー・ツー・バージョン・シー




D-sub25ピン D-sub9ピン Dサブ25ピン Dサブ9ピン
Recommended シリアルコネクタ レカゥメンデッドゥ レコメンディッド
推奨する 非同期伝送



















【 D-sub25ピン の同義語と関連語 】
< 4 >
RS-232C COM port COM1 COM2
COM3 communication port COMポート RS-232C port
RS-232Cポート serial port コムポート シリアル インターフェース
シリアル・インターフェース シリアル・ポート シリアルインターフェース シリアルポート












D-sub25ピン D-sub9ピン Dsub25ピン Dsub9ピン
Dサブ25ピン Dサブ9ピン serial cable serial interface
シリアルケーブル シリアル通信 通信ポート




















ICT用語索引
記号 数字 A B C
D E F G H
I J K L M
N O P Q R
S T U V W
X Y Z

ワ・ヲ        

ICT用語辞典リンク集
ICT用語解説サイト120

バナースペース

パステム