本文へスキップ

 

 

ICT用語の意味と同義語


【 dʒíː kəmpréʃən άɚkɑɪvɚ の意味 】
出典: アーカイバー 『通信用語の基礎知識』 更新年月日 2010/04/16,URL: https://www.wdic.org/

 複数のファイルを一つのファイルにまとめること。及びそれを行なうためのソフトウェアなどのこと。英語の原義で「書庫」。最後の音引きを略して「アーカイバ」とも。

[概要]
 UNIXではtarがよく使われる。
 パーソナルコンピューターでは、ZIPやLHAが多く用いられる。ZIPやLHAにはファイルを圧縮する機能があるが、tarには圧縮機能がないためgzipやcompressなどのソフトを併用して圧縮する。
 アーカイブと同時に圧縮を行なうソフトウェアも多いが、圧縮すること自体はアーカイバーとは無関係である。つまり、「アーカイバーは圧縮するソフト」などという認識は間違いである。

[特徴]
 主要なアーカイバーに、次のようなものがある。
主としてUNIX用
● cpio
● tar
主としてMS-DOS/Windows用
● CAB
● GCA
● LArc
● LHA
● LHarc
● RAR
● XIP
出典: GCA 『通信用語の基礎知識』 更新年月日 空白,URL: https://www.wdic.org/

 国産のファイル圧縮ソフトウェアの一。フリーソフトウェア。著作権者は鶴田真一(SYN)。アーカイバーとしては初めてフル64ビット対応となった。
 圧縮アルゴリズムにBW変換(ブロック整列法)、MTF(MoveToFront)、ランレンングス(RLE)、RangeCoderを使用している。具体的にはデータをまずBW変換で圧縮しやすいように最適化し、次にそれを先頭から順番に走査、そしてMTFを使用して最後に現われたデータを一番小さい数字に変換する。
 こうして得られたデータは多くが0に収束するので、ランレンングス(RLE)を使って連続する数値を圧縮する。最後にエントロピー圧縮の一つであるRangeCoder(RangeEncoder; RangeDecoder)で圧縮している。
 普及率は低いが、それゆえにアングラ系ではファイルの偽装代わりに使われることがある。
 MIMEタイプ名はapplication/x-gca-compressedである。

【 ICT用語辞典へ(外部リンク)】

GCA (通信用語の基礎知識)
アーカイバー (通信用語の基礎知識)

【 dʒíː kəmpréʃən άɚkɑɪvɚ の同義語と関連語 】
< 1 >
GCA dʒíːsíːéɪ ジーシィーエイ G Compression Archiver
dʒíː kəmpréʃən άɚkɑɪvɚ ジー コゥンプレッシュン アーァカゥイヴァー ジー・コゥンプレッシュン・アーァカゥイヴァー ジー コンプレッション アーカイバー
ジー・コンプレッション・アーカイバー application/x-gca-compressed http://www.emit.jp/gca/gca.html gca_v09k.exe
gca_v09i.exe














Archiver άɚkɑɪvɚ アーァカゥイヴァー アーカイヴァ
アーカイバ アーカイバー 複数ファイルを一つにまとめるソフト
























ICT用語索引
記号 数字 A B C
D E F G H
I J K L M
N O P Q R
S T U V W
X Y Z

ワ・ヲ        

ICT用語辞典リンク集
ICT用語解説サイト120

バナースペース

パステム