本文へスキップ

 

 

ICT用語の意味と同義語


【 dʒíːn ǽmdɑ̀l の意味 】
出典: アムダールの法則 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2019年5月31日 (金) 13:31 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/

アムダールの法則(アムダールのほうそく、Amdahl's law)は、ある計算機システムとその対象とする計算についてのモデルにおいて、その計算機の並列度を上げた場合に、全体として期待できる全体の性能向上の程度を数式として表現したものである。コンピュータ・アーキテクトのジーン・アムダールが主張したものであり、Amdahl's argument(アムダールの主張)という呼称もある。並列計算の分野において、複数のプロセッサを使ったときの理論上の性能向上の限界を予測するのによく使われる。 ・・・

【 ICT用語辞典へ(外部リンク)】

アムダールの法則 (Wikipedia)

【 dʒíːn ǽmdɑ̀l の同義語と関連語 】
< 1 >
アムダールの法則 Amdahl's argument Amdahl's law ǽmdɑ̀lz lˈɔː
アェンドゥルゥズ ラゥォー アェンドゥルゥズ・ラゥォー アェムドゥールゥズ ラゥォー アェムドゥールゥズ・ラゥォー
アムダールズ ロー アムダールズ・ロー 並列化による性能効果
















Gene Amdahl dʒíːn ǽmdɑ̀l ジーン アェンドゥールゥ ジーン アェムドゥールゥ
ジーン アムダール
並列化 並列度
























ICT用語索引
記号 数字 A B C
D E F G H
I J K L M
N O P Q R
S T U V W
X Y Z

ワ・ヲ        

ICT用語辞典リンク集
ICT用語解説サイト120

バナースペース

パステム