本文へスキップ

 

 

ICT用語の意味と同義語


【 Data ARPU の意味 】
ユーザー一人当たりの平均データ通信売上高
ユーザー1人あたりの平均売上金額
出典: ARPU 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2016年3月8日 (火) 13:23 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/

 ARPU(エーアールピーユー(まれに「アープ」などとも発音)、英語: Average Revenue Per User)は、通信事業者の1契約あたりの売上をあらわす数値である。一般には携帯電話(PHS含む)について用いられる用語であるが、電話会社やインターネット事業者に使われることもある。この項では携帯電話のARPUについて解説する。

[概要]
 1ヶ月単位で表すことが多いため、ARPUとは端的には「携帯電話の月額料金」と同義である(ナビダイヤルの通話料金やサイトコンテンツ情報料など、他社の課金徴収代行に該当する金額は除く)。ARPUは、事業者の業績を評価するに当たっての重要な指標のひとつである。ARPUには音声ARPUとデータARPUがあり、それらを合計して総合ARPUと呼ぶ。単にARPUといえば総合ARPUのことを指す。音声ARPUは通話に関する料金(基本料と通話料)、データARPUは通信に関する料金(基本料とパケット通信料)である。 ・・・

【 ICT用語辞典へ(外部リンク)】

ARPU (Wikipedia)

【 Data ARPU の同義語と関連語 】
< 1 >
ARPU 1回線当たりの売上高 1契約当たりの売上 Average Revenue Per User
ˈævrɪdʒ révənjùː pə; júːzɚ Data ARPU data ARPU Non-Voice ARPU
packet ARPU アーヴリッジ・レヴェニュー・プァー・ユーザー アープ アルプ
エーアールピーユー データARPU データアープ データエーアールピーユー
パケットARPU パケットエーアールピーユー 加入者一人当たりの売上 携帯電話の月額料金
顧客一人当たりの売上 非音声ARPU





Average ˈævrɪdʒ アェーヴリッヂ アーヴリッジ
アベリッジ アベレージ 平均する 平均値

ARPPU Average Revenue Per Paid User révənjùː
Revenue レヴェニュー レベニュー 歳入
総所得














ICT用語索引
記号 数字 A B C
D E F G H
I J K L M
N O P Q R
S T U V W
X Y Z

ワ・ヲ        

ICT用語辞典リンク集
ICT用語解説サイト120

バナースペース

パステム