本文へスキップ

 

 

ICT用語の意味と同義語


【 Data Description Language の意味 】
出典: データ記述言語 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2018年4月25日 (水) 07:15 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/

データ記述言語(データきじゅつげんご)またはデータ言語とは、コンピュータにおいて扱うデータを記述するための形式言語である。コンピュータ言語の一種だが、プログラミング言語ではない。HTMLに代表されるマークアップ言語などがある。 [データ記述言語登場の背景] データ記述言語は、以下の点に主眼を置いて作られた。
● 複雑なデータ構造をもつデータを格納する。
● データの記述方法や個々のデータ要素へのアクセス方法の共通化をはかる。
● データをテキスト形式で格納する。 ・・・

【 ICT用語辞典へ(外部リンク)】


【 Data Description Language の同義語と関連語 】
< 1 >
Data Description Language DDL ディーディーエル デイタ・デスクリプシュン・ラゥングウィッジ
データ・デスクリプション・ランゲージ データきじゅつげんご データ記述言語 データ言語




















description デスクリプシュン デスクリプション 記述
物理データ記述言語 論理データ記述言語

























ICT用語索引
記号 数字 A B C
D E F G H
I J K L M
N O P Q R
S T U V W
X Y Z

ワ・ヲ        

ICT用語辞典リンク集
ICT用語解説サイト120

バナースペース

パステム