本文へスキップ

 

 

ICT用語の意味と同義語


【 Data Mart の意味 】
出典: ビッグデータ 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2018年3月6日 (火) 14:15 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/

ビッグデータ(英: big data)とは、一般的なデータ管理・処理ソフトウエアで扱うことが困難なほど巨大で複雑なデータの集合を表す用語である。ビッグデータを取り巻く課題の範囲は、情報の収集、取捨選択、保管、検索、共有、転送、解析、可視化等多岐にわたる。

[概要] データの上限:コンピュータの性能に上限があるように、我々が取り扱えるデータ量の大きさにも上限がある。2012年現在、現実的な時間内に処理することが可能なデータサイズの上限は、エクサバイトのオーダーとされる。換言すると、我々は事実上これ以上のデータは扱えないという制限を抱えていると言える。 ・・・

【 ICT用語辞典へ(外部リンク)】

ビックデータ (Wikipedia)

【 Data Mart の同義語と関連語 】
< 1 >
ビッグデータ解析 Data Mart data mart large-scale data processing
アナリティクス1.0 アナリティクス2.0 アナリティクス3.0 エンタープライズ・データハブ
エンタープライズ・データレイク データマート ビッグデータ活用 ビッグデータ分析
ラージスケール・データ・プロセシング ラゥージ・スケイルゥ・デイダ・プロセシィング 巨大デジタル情報 大規模データ処理












Apache Spark Big data big data Data Lake
data lake Hadoop Microsoft SQLserver Oracle Oracle10g
データレイク データ解析 データ分析 ビッグ・デイダ
ビッグデータ ビッグデータの湖 非構造化データ 膨大なデータ
膨大なデジタル情報














ICT用語索引
記号 数字 A B C
D E F G H
I J K L M
N O P Q R
S T U V W
X Y Z

ワ・ヲ        

ICT用語辞典リンク集
ICT用語解説サイト120

バナースペース

パステム