本文へスキップ

 

 

ICT用語の意味と同義語


【 Data Radio Channel の意味 】
出典: Radio Data System 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2019年4月25日 (木) 12:29 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/

Radio Data System(ラジオ・データ・システム、RDS)とは、従来のFMラジオ放送に少量のデジタル情報を埋め込むための通信プロトコル規格である。 RDSは、時間、放送局、番組情報を含め、複数種類の送信情報を規格化している。この規格は欧州放送連合(EBU)の事業として始まり、やがて国際電気標準会議(IEC)の国際標準規格となった。米国版のRDSは正式名称がRadio Broadcast Data System(RBDS)で、両者の規格には僅かばかりの差異がある。日本では、RDSに類似したデジタルデータ放送規格Data Radio Channel(DARC)をほぼ同時期に開発、実用化した経緯から、RDSには未対応である。 ・・・

【 ICT用語辞典へ(外部リンク)】

Radio Data System (Wikipedia)

【 Data Radio Channel の同義語と関連語 】
< 1 >
DARC Data Radio Channel FM文字多重放送 FM放送波
Hight Speed Data System HSDS



















































【 Data Radio Channel の同義語と関連語 】
< 2 >
RDS DARC Data Radio Channel FM多重データ放送
réɪdioʊ brˈɔːdk`æst déɪṭə sístəm Radio Broadcast Data System Radio Data System radio data system
RBDS アールディーエス ラジオ・データ・システム ラジオ・ブロードキャスト・データ・システム
レイディオウ・ブロードゥキャェストゥ・デイダゥー・シィステム














































ICT用語索引
記号 数字 A B C
D E F G H
I J K L M
N O P Q R
S T U V W
X Y Z

ワ・ヲ        

ICT用語辞典リンク集
ICT用語解説サイト120

バナースペース

パステム