本文へスキップ

 

 

ICT用語の意味と同義語


【 DB2 の意味 】
出典: 関係データベース 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2017年5月24日 (水) 03:46 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/

関係データベース(かんけいデータベース、リレーショナルデータベース、英: relational database)は関係モデル(リレーショナルデータモデル、後述)にもとづいて設計、開発されるデータベースである。関係データベースを管理するデータベース管理システム (DBMS) を関係データベース管理システム (RDBMS) と呼ぶ。Oracle Database、Microsoft SQL Server、MySQL、PostgreSQL、DB2、FileMaker、H2 Database などがRDBMSである。

[概要] 関係モデルはIBMのエドガー・F・コッドによって考案された現在もっとも広く用いられているデータモデルである。データベースの利用者は、クエリ(問い掛け)をデータベースに与え、データを検索したり、変更することができる。データは表に似た構造で管理されるが、関係と呼ぶ概念でモデル化される。 ・・・

【 ICT用語辞典へ(外部リンク)】

関係データベース (Wikipedia)

【 DB2 の同義語と関連語 】
< 1 >
Database2 DB2 DB2 UDB RDBMS
ディービーツー




















































【 DB2 の同義語と関連語 】
< 2 >
DB2 on disk databases Oracle SQL Server
Sybase オンディスクDB オンディスクデータベース オンディスク型データベース
ディスク型DB ディスク型データベース















































【 DB2 の同義語と関連語 】
< 3 >
リレーショナルデータベース RDB RDBMS Relational DataBase
Relational Database Management System relational database かんけいデータベース データベース
データベース管理ソフト リレゥイショナゥルゥ・デイダゥベイス リレーショナル・データベース リレーショナル・データベース・ソフト
リレーショナル・データベース管理システム リレーショナルデータモデル リレーショナル型データベース リレーショナル型データベース管理ソフト
関係データベース 関係データベース管理システム









Access DB2 Edgar F. Codd Edgar F. Codd氏
FileMaker H2 Database Microsoft SQL Server MySQL
Oracle Oracle Database PostgreSQL エドガー・F・コッド
リレーショナル・データ・モデル 関係モデル
















ICT用語索引
記号 数字 A B C
D E F G H
I J K L M
N O P Q R
S T U V W
X Y Z

ワ・ヲ        

ICT用語辞典リンク集
ICT用語解説サイト120

バナースペース

パステム