本文へスキップ

 

 

ICT用語の意味と同義語


【 DC の意味 】
出典: 電子商取引 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2018年8月14日 (火) 15:35 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/

電子商取引(でんししょうとりひき、英: electronic commerce)とは、コンピュータネットワーク上での電子的な情報通信によって商品やサービスを売買したり分配したりすること。略称は「eコマース」(イーコマース)「イートレード」など。消費者側からは「ネットショッピング」とも呼ばれている。 ・・・

【 ICT用語辞典へ(外部リンク)】

電子商取引 (Wikipedia)

【 DC の同義語と関連語 】
< 1 >
CDC DC デバイス・コンテキスト デバイス・コンテキスト・クラス






















































【 DC の同義語と関連語 】
< 2 >
co-location Data Center DC housing service
コロケ コロケーション コロケーションサービス データセンター
ハウジング ハウジングサービス ホスティング ホスティングサービス
















Abovenet社 Exodus Communications社 IDC インターネットデータセンター


























【 DC の同義語と関連語 】
< 3 >
DC Direct Current direct current ダァレクトゥ・カレントゥ
ダイレクト・カレント ディーシー 直流


















































【 DC の同義語と関連語 】
< 4 >
EC e-commerce EDI Electronic Commerce
electronic commerce Eコマース eコマース イー・コマース
イー・シー イー・トレード イーコマース イートレード
エレゥクトゥロニック・コァマゥース エレクトロニック・コマース エレクトロニック・コマース・ネットワーク エレクトロニックコマース
ネットショッピング 電子決済システム 電子商取引 電子商取引サービス








DC NetWorked electronic money デジタルキャッシュ ネットワーク型電子マネー
プリペイド型電子マネー 電子マネー
























ICT用語索引
記号 数字 A B C
D E F G H
I J K L M
N O P Q R
S T U V W
X Y Z

ワ・ヲ        

ICT用語辞典リンク集
ICT用語解説サイト120

バナースペース

パステム