本文へスキップ

 

 

ICT用語の意味と同義語


【 DDR266 の意味 】
出典: DDR SDRAM 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2018年1月7日 (日) 09:15 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/

DDR SDRAM (Double-Data-Rate SDRAM)は、SDRAMの一種で、クロックの立ち上がり/立ち下がりの両方を使うことで、片エッジのみ使用する(SDRの)SDRAMの倍速(Double-Data-Rate)でデータを転送する。また、その規格のひとつで最初のもの。DDR2が後継である。

[メモリチップ規格] 最大動作周波数の違いによって分けられ、"DDR-"に続く3桁の数字で示される。この3桁数値はクロックの立ち上がり/立ち下がりを合わせた周波数(Double-Data-Rate)を示しており、実クロック(メモリバスクロック、2001年から2005年頃のパーソナルコンピュータにおいてはFSBクロックと同意)はそれぞれの周波数の半分になる。

[メモリモジュールの規格] メモリモジュールは64bit構成であり、64bitは8Byteである。例えば333MHzで動作するPC2700の場合、毎秒2667MByte(= 2.667GByte/sec)のデータ転送が行われる。それぞれの規格の名称はデータ転送速度に由来し、表記の4桁数値はGByte/secの小数点以下第2位を四捨五入したのちに小数点を取り除いた2桁へ、末尾にゼロ2桁を付したものである。 ・・・

【 ICT用語辞典へ(外部リンク)】

DDR SDRAM (Wikipedia)

【 DDR266 の同義語と関連語 】
< 1 >
DDR SDRAM DDR DDR1 DDR200
DDR266 DDR333 DDR400 DDR466
DDR500 Double Data Rate Double Data Rate SDRAM Double Data Rate Synchronous DRAM
Double-Data-Rate SDRAM Double-Data-Rate Synchronous Dynamic Random Access Memory PC1600 PC2100
PC2700 PC3200 PC3700 PC4000
ディーディーアール ディディーアール・エスディーラム ディディーアールエスディーラム 第1世代DDR SDRAM
第一世代DDR SDRAM


DDR2 SDRAM DDR3 SDRAM DDR4 SDRAM



























ICT用語索引
記号 数字 A B C
D E F G H
I J K L M
N O P Q R
S T U V W
X Y Z

ワ・ヲ        

ICT用語辞典リンク集
ICT用語解説サイト120

バナースペース

パステム