本文へスキップ

 

 

ICT用語の意味と同義語


【 Default Routing の意味 】
出典: ゲートウェイ 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2017年8月16日 (水) 17:45 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/

ゲートウェイ (gateway) は、コンピュータネットワークをプロトコルの異なるネットワークと接続するためのネットワークノードである。

[概要] プロトコル変換またはマッピングのゲートウェイはプロトコルを変換して異なるネットワークプロトコル技術を用いたネットワークを相互接続する。ハードウェアとしてのゲートウェイは、プロトコルトランスレータ、インピーダンス整合器、通信レートコンバータ、障害アイソレータなどのほかに、必要に応じてシステムの互換性を保つためのシグナル変換器を搭載する。またお互いのネットワーク間で相互に受け入れ可能なアドミニストレーティブディスタンスの確立を要求する。専用機器である以外に、ゲートウェイの役割をするように設定されたコンピュータであることもある。具体例としてデフォルトゲートウェイがある。ルータはゲートウェイの特殊な例である。 ・・・

【 ICT用語辞典へ(外部リンク)】


【 Default Routing の同義語と関連語 】
< 1 >
Default Routing default gateway gateway gateway address
ゲートウェイ ゲートウェイ アドレス ゲートウェイ・アドレス ゲートウェイアドレス
デフォゲ デフォルト ゲートウェイ デフォルト・ゲートウェイ デフォルト・ルーティング
デフォルトゲートウェイ













































ICT用語索引
記号 数字 A B C
D E F G H
I J K L M
N O P Q R
S T U V W
X Y Z

ワ・ヲ        

ICT用語辞典リンク集
ICT用語解説サイト120

バナースペース

パステム