本文へスキップ

 

 

ICT用語の意味と同義語


【 Delta compression の意味 】
出典: 差分符号化 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2016年10月7日 (金) 20:41 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/

差分符号化(さぶんふごうか、英: Delta encoding)とは、データの格納や転送を完全なファイルとしてではなく、シーケンシャルなデータの差分の形式で行う方式である。特に変更履歴の保存を目的とする場合(ソフトウェアプロジェクトなど)、差分符号化は差分圧縮(英: Delta compression)とも呼ばれる。デルタ符号化、デルタ圧縮とも呼ばれるが、デルタ符号とは異なる。

[概要] 例えばUNIXのファイル比較ユーティリティである diff などで「差分」または「デルタ」を作成し、個別にファイルとして記録する。差分は一般に元のファイルよりも小さいので、差分符号化によってデータの冗長性を大幅に削減できる。一連の差分ファイルの方が各バージョンのそのままのファイル群よりも大幅に記録容量が節約できる。 ・・・

【 ICT用語辞典へ(外部リンク)】


【 Delta compression の同義語と関連語 】
< 1 >
Delta compression Delta encoding さぶんふごうか デルゥタゥ・インコウディング
デルゥタゥ・コンプレッシュン デルタ圧縮 デルタ符号化 差分圧縮
差分符号化


















































ICT用語索引
記号 数字 A B C
D E F G H
I J K L M
N O P Q R
S T U V W
X Y Z

ワ・ヲ        

ICT用語辞典リンク集
ICT用語解説サイト120

バナースペース

パステム