本文へスキップ

 

 

ICT用語の意味と同義語


【 Desktop as a Service の意味 】
出典: 仮想デスクトップ 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2016年12月28日 (水) 17:54 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/

仮想デスクトップ(かそうデスクトップ、英: virtual desktop)は、コンピュータのデスクトップ環境を拡張するソフトウェアの一種。デスクトップの数、あるいは領域の拡張を行う。さらに、この種のソフトウェアによって拡張されたデスクトップのこと。

[概要] 仮想デスクトップは、コンピュータに接続された1つの物理的なディスプレイに対し、独立した複数の仮想的なデスクトップ環境、あるいはディスプレイの表示領域より広い連続したデスクトップ空間の提供を行う。ユーザはウィンドウ、またはアプリケーションごとに、どの仮想デスクトップに表示するかを指定することができる。 ・・・

【 ICT用語辞典へ(外部リンク)】


【 Desktop as a Service の同義語と関連語 】
< 1 >
client virtualization DaaS Data base as a Service Desktop as a Service
desktop virtualization Desktop-as-a-Service VDI Virtual Desktop Infrastructure
virtual desktop クライアント仮想化 クラウド型デスクトップ クラウド型仮想デスクトップサービス
サービスとしてのデスクトップ ダース デスクトップ・アズ・ア・サービス デスクトップアズアサービス
デスクトップ仮想化 バーチャルデスクトップ ブイディーアイ 仮想デスクトップ
仮想デスクトップインフラ 仮想デスクトップサービス 仮想デスクトップ環境




hosted virtual desktopサービス IIJ GIO 仮想デスクトップサービス Microsoft Virtual Desktop Infrastructure NEC Cloud DaaS
Smart Business Desktop V-DaaS VMware View XenDesktop
デスクトップ環境 ワークプレイスLCMサービス





















ICT用語索引
記号 数字 A B C
D E F G H
I J K L M
N O P Q R
S T U V W
X Y Z

ワ・ヲ        

ICT用語辞典リンク集
ICT用語解説サイト120

バナースペース

パステム