本文へスキップ

 

 

ICT用語の意味と同義語


【 DHT の意味 】
出典: 分散ハッシュテーブル 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2018年10月25日 (木) 17:49 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/

分散ハッシュテーブル (英: Distributed Hash Table, DHT) とは、ハッシュテーブルを複数のピアで管理する技術のこと。2001年に発表されたCAN, Chord, Pastry, Tapestryが代表的なアルゴリズムとして挙げられる。

[概要] アドホック性とスケーラビリティの両立を目指す探索 (lookup) 手法で、コンピュータネットワーク上に構築されることから、オーバレイネットワークの一つといえる。 アドレスとコンテンツのハッシュ値を空間に写像し、その空間を複数のピアで分割管理することで、特定ピアに負荷が集中することなく大規模なコンテンツ探索を実現する。 ・・・

【 ICT用語辞典へ(外部リンク)】


【 DHT の同義語と関連語 】
< 1 >
DHT Distributed Hash Table ディストゥリビューティドゥ・ハッシュ・テイボルゥ ディストリビューティド・ハッシュ・テーブル
分散ハッシュテーブル






















CAN Chord Pastry Tapestry



























ICT用語索引
記号 数字 A B C
D E F G H
I J K L M
N O P Q R
S T U V W
X Y Z

ワ・ヲ        

ICT用語辞典リンク集
ICT用語解説サイト120

バナースペース

パステム