本文へスキップ

 

 

ICT用語の意味と同義語


【 Digital Mars C/C++ の意味 】
出典: C言語 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2018年2月9日 (金) 00:28 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/

C言語(シーげんご)は、1972年にAT&Tベル研究所のデニス・リッチーが主体となって開発したプログラミング言語である。英語圏では単に C と呼んでおり、日本でも文書や文脈によっては同様に C と呼ぶことがある。

[特徴]
● 汎用性が高い。プログラムの自由度や、目的に応じた拡張が容易であるため、オペレーティングシステムやアプリケーションソフトウェア・ファームウェアの記述、デバイスドライバー開発や機械制御など、あらゆる分野に適応している。

● 対応する機器の範囲が広い。パーソナルコンピュータはもちろん、自動車や家電の組み込み用マイコンからスーパーコンピュータまで、C言語を使用できるハードウェアは多様である。多目的性と、対応機器の多彩さのため、「コンピュータを使ってやること」は大抵、C言語で対応可能である。 ・・・

【 ICT用語辞典へ(外部リンク)】

C言語 (Wikipedia)

【 Digital Mars C/C++ の同義語と関連語 】
< 1 >
ANSI C C C Compiler C Language
C language Cコンパイラ Cプログラム C言語
シー シー・ランゲージ シィー・ラゥングウィッジ
















ALGOL ARM C/C++ B.W.Kernighan B.W.Kernighan氏
C++ Builder clang D.M.Ritchie D.M.Ritchie氏
Digital Mars C/C++ GCC GNUコンパイラコレクション High C
IAR C/C++ Intel C++ Compiler Lattice C Microsoft C Compiler
Microsoft Visual C++ Open Watcom C/C++ pcc Portable C Compiler
Quick C クラン プログラミング言語 標準Cライブラリ関数








ICT用語索引
記号 数字 A B C
D E F G H
I J K L M
N O P Q R
S T U V W
X Y Z

ワ・ヲ        

ICT用語辞典リンク集
ICT用語解説サイト120

バナースペース

パステム