本文へスキップ

 

 

ICT用語の意味と同義語


【 Disk Operating System の意味 】
出典: MS-DOS 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2017年9月2日 (土) 10:02 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/

MS-DOS(エムエス-ディーオーエス、エムエスドス)は、マイクロソフトが開発・販売していた、8086系マイクロプロセッサをCPUとする、IBM PCおよびそれに似た構成の(たとえばPC-98など)パーソナルコンピュータ向けのオペレーティングシステム(OS)である。IBMへのOEM供給品であった PC DOS (IBM DOS)を自社製品として供給・販売したもので、バージョン6以降はPC DOSから完全に独立して開発された。

[概要] MS-DOS(およびPC DOS等)は、8086系のマイクロプロセッサをCPUとするパーソナルコンピュータ向けのシングルタスクのオペレーティングシステムで、DOS(ディスクオペレーティングシステム)の名の通り、ディスクの管理が主機能である(DOSという名前だからといって必ずしもそうとは限らないが、少なくともMS-DOSのプロセス管理機能は、シングルタスクに代表されるように、低機能・低性能である)。MS-DOSは改名された86-DOSであった。86-DOSはCP/Mのクローンであったのでたった六週間で開発された。 ・・・

【 ICT用語辞典へ(外部リンク)】


【 Disk Operating System の同義語と関連語 】
< 1 >
Disk Operating System DOS DOS 5 DOS-86
DOS5 MS-DOS MS-DOS 1.25 MS-DOS 2.0
MS-DOS 3.0 MS-DOS 5 MS-DOS 5.0 MS-DOS 6.0
MS-DOS 6.2 MS-DOS 7.0 MS-DOS 7.1 MS-DOS 8.0
MS-DOS Ver.5.0 MS-DOS Version 5 MSドス エムエス・ドス
エムエス-ディーオーエス エムエスドス ディスク・オペレーティング・システム ドス




16-bit OS 16bitOS 16ビットCPU 16ビットOS
86-DOS DOS/V MicroSoft Disk Operating System MS-DOSプロンプト
OS PC-DOS Personal Computer Disk Operating System Windows 3.1
コマンドプロンプト 基本ソフト

















ICT用語索引
記号 数字 A B C
D E F G H
I J K L M
N O P Q R
S T U V W
X Y Z

ワ・ヲ        

ICT用語辞典リンク集
ICT用語解説サイト120

バナースペース

パステム