本文へスキップ

 

 

ICT用語の意味と同義語


【 disk array の意味 】
出典: RAID 01 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2018年12月8日 (土) 13:09 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/

 RAID(Redundant Arrays of Inexpensive Disks、または Redundant Arrays of Independent Disks、レイド)は、複数台のハードディスクを組み合わせることで仮想的な1台のハードディスクとして運用し冗長性を向上させる技術。

[RAIDレベル] RAID 01: ・・・
出典: RAID 10 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2018年12月8日 (土) 13:09 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/

 RAID(Redundant Arrays of Inexpensive Disks、または Redundant Arrays of Independent Disks、レイド)は、複数台のハードディスクを組み合わせることで仮想的な1台のハードディスクとして運用し冗長性を向上させる技術。

[RAIDレベル] RAID 10: RAID 0とRAID 1、どちらを下層で行うかにより名前が変わる。0または1は、下層で行われる処理を先に表記する。一見どちらも同じように見えるが耐障害性の面で異なる。RAID 0+1 : ストライプされた領域をミラーリングRAID 1+0 : ミラーセットをストライプ ・・・
出典: RAID01 『通信用語の基礎知識』 更新年月日 ,URL: https://www.wdic.org/

 RAIDの一種で、ストライピングされた構成をRAID1により冗長性を高めたもの。「RAID0+1」とも書かれる。

[特徴] ハードディスクドライブは最低4台必要となる。利用効率はRAID1と同じになる。同様の趣旨のものにRAID10(RAID1+0)というものもあるが、こちらはミラーリングしたものをストライピングするという点が違う。RAID10の方が可用性が高いので、敢えてRAID01を利用する意味はないといえる。

[構成]
 例えば、ディスク4台でストライピングするとする。これを二組用意し、2ミラー、計8台のディスクで運用することを考えるとする。総容量はディスク4台分である。
ストライピング1 [1][2][3][4]
ストライピング2 [5][6][7][8]
この時、仮に[1]が故障した場合、ストライピング1は使用不可能となる。この状態ではミラーが存在しない状態となり、ストライピング2のみが使われていることになるが、この時に[5]〜[8]のどれかが故障すると、ミラーリングは壊滅し、データは消失することになる。


【 disk array の意味 】
出典: RAID10 『通信用語の基礎知識』 更新年月日 ,URL: https://www.wdic.org/

 RAIDの一種で、RAID1により冗長性を高め、それをストライピングする構成。「RAID1+0」とも書かれる。

[特徴] ハードディスクドライブは最低4台必要となる。利用効率はRAID1と同じになる。同様の趣旨のものにRAID01(RAID0+1)というものもあるが、こちらはストライピングしたものをミラーリングするという点が違う。このRAID10の方が可用性が高いので、敢えてRAID01を利用する意味はないといえる。

[構成]
 例えば、ディスク2台でミラーリングするとする。これを四組用意し、4ストライピング、計8台のディスクで運用することを考えるとする。総容量はディスク4台分である。
ミラー1
[1][2]
ミラー2 [3][4]
ミラー3 [5][6]
ミラー4 [7][8]
この時、仮に[1]が故障した場合、ミラー1は使用不可能となる。しかしミラー2〜4はまだ稼働しているため、データに問題はない。この状態で[2]が故障するとミラーリングは壊滅し、同時にストライピングも壊滅するためデータは消失してしまうが、その確率は理論上は1/7つまり約14%であるため、安全性が高いと考えられる。
出典: RAID 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2018年1月8日 (月) 15:41 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/

 RAID(Redundant Arrays of Inexpensive Disks、または Redundant Arrays of Independent Disks、レイド)は、複数台のハードディスクを組み合わせることで仮想的な1台のハードディスクとして運用し冗長性を向上させる技術。ディスクアレイの代表的な実装形態で、主に信頼性・可用性の向上を目的として用いられるものである。

[概要]
 1988年にカリフォルニア大学バークレー校のデイビッド・パターソン, Garth A. Gibson, Randy H. Katzによる論文「A Case for Redundant Arrays of Inexpensive Disks (RAID)」において提唱された。この論文は、安価で低容量、価格相応の信頼性のハードディスクドライブ (Inexpensive Disk) を用い、大容量で信頼性の高いストレージ(補助記憶装置)をいかに構築すべきかを提案したものである。論文にはハードディスクの構成によって、RAID 1からRAID 5までの5種類を定義している。また、論文では提案されていないが、ストライピングのみの場合も一般的にはRAIDの一種とみなされ、これは冗長性が確保されないことからRAID 0と呼ばれる。はじめに定義された6種類のうち、RAID 2はほとんど利用されず、RAID 3,4もRAID全体の中では少数派である。今日ではRAID 0・RAID 1・RAID 5、およびこれら3方式の組み合わせが用いられている。後にRAID 5を拡張したRAID 6が定義され、RAID 5より耐障害性が必要な場面で利用されている。 ・・・

【 ICT用語辞典へ(外部リンク)】

RAID10 (通信用語の基礎知識)
RAID01 (通信用語の基礎知識)
RAID (Wikipedia)

【 disk array の同義語と関連語 】
< 1 >
RAID 01 RAID 0+1 RAID-01 RAID0+1
RAID01 réɪd zíːroʊ wˈʌn レイドゥ ジィーロウ ウァン レイドゥ・ジィーロウ・ウァン
レイド ゼロ ワン レイド・ゼロ・ワン レイドぜろいち レイドゼロいち
Redundant Arrays of Inexpensive Disks 01 rɪdˈʌndnt əréɪz əv ìnɪkspénsɪv dísks zíːroʊ wˈʌn リダンダントゥ アゥレイ オーヴ イニクスペンシィヴ ディスクス ジィロウ ワン リダンダントゥ・アゥレイ・オーヴ・イニクスペンシィヴ・ディスクス・ジィロウ・ワン
リダンダント アレイ オブ イネクスペンシブ ディスク ゼロ ワン リダンダント・アレイ・オブ・イネクスペンシブ・ディスク・ゼロ・ワン Redundant Arrays of Independent Disks 01
rɪdˈʌndnt əréɪz əv ìndɪpéndənt dísks zíːroʊ wˈʌn リダンダントゥ アゥレイ オーヴ インディペンデントゥ ディスクス ジィーロウ ウァン リダンダントゥ・アゥレイ・オーヴ・インディペンデントゥ・ディスクス・ジィーロウ・ウァン リダンダント アレイズ オブ インデペンデント ディスク ゼロ ワン
リダンダント・アレイズ・オブ・インデペンデント・ディスク・ゼロ・ワン


DISK ARRAY disk array RAID RAID 0
RAID 1 RAID 1+0 RAID 10 RAID 5
Redundant Arrays of Inexpensive Disk Redundant Arrays of Inexpensive Disks リダンダントゥ・アゥレイ・オーヴ・イニクペンシィヴ・ディスクス リダンダントゥ・アゥレイ・オーヴ・インディペンダゥントゥ・ディスクス
ソフトウェアRAID ディスク・アレイ ディスクアレイ ディスクの冗長配置
レイド 安価なディスクの冗長構成アレイ 低価格ディスクの冗長配列










【 disk array の同義語と関連語 】
< 2 >
RAID 10 RAID 1+0 RAID1+0 RAID10
réɪd wˈʌn zíːroʊ レイドゥ ウァン ジィーロウ レイドゥ・ウァン・ジィーロウ レイド ワン ゼロ
レイド・ワン・ゼロ Redundant Arrays of Inexpensive Disk 10 Redundant Arrays of Inexpensive Disks 10 rɪdˈʌndnt əréɪz əv ìnɪkspénsɪv dísks wˈʌn zíːroʊ
リダンダントゥ アゥレイズ オーヴ イニクスペンシィヴ ディスクス ワン ジィロウ リダンダントゥ・アゥレイズ・オーヴ・イニクスペンシィヴ・ディスクス・ワン・ジィロウ リダンダント アレイ オブ イネクスペンシブ ディスク ワン ゼロ リダンダント・アレイ・オブ・イネクスペンシブ・ディスク・ワン・ゼロ
Redundant Arrays of Independent Disks 10 rɪdˈʌndnt əréɪz əv ìndɪpéndənt dísks wˈʌn zíːroʊ リダンダントゥ アゥレイズ オーヴ インディペンデントゥ ディスクス ワン ジィロウ リダンダントゥ・アゥレイズ・オーヴ・インディペンデントゥ・ディスクス・ワン・ジィロウ
リダンダント アレイ オブ インデペンデント ディスク ワン ゼロ リダンダント・アレイ・オブ・インデペンデント・ディスク・ワン・ゼロ レイドじゅう レイドいちぜろ




DISK ARRAY disk array RAID RAID 0
RAID 1 RAID 2 RAID 3 RAID 4
RAID 5 RAID 5+0 RAID 0+5 RAID 5+1
RAID 1+5 RAID 6 RAID 01 RAID Z
リダンダントゥ・アゥレイ・オーヴ・イニクペンシィヴ・ディスクス リダンダントゥ・アゥレイ・オーヴ・インディペンダゥントゥ・ディスクス ソフトウェアRAID ディスク・アレイ
ディスクアレイ ディスクの冗長配置 レイド 安価なディスクの冗長構成アレイ
低価格ディスクの冗長配列






ICT用語索引
記号 数字 A B C
D E F G H
I J K L M
N O P Q R
S T U V W
X Y Z

ワ・ヲ        

ICT用語辞典リンク集
ICT用語解説サイト120

バナースペース

パステム