本文へスキップ

 

 

ICT用語の意味と同義語


【 dj`ʊrəbíləṭi の意味 】
出典: ACID (コンピュータ科学) 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2017年6月12日 (月) 02:07 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/

 ACIDとは、信頼性のあるトランザクションシステムの持つべき性質として1970年代後半にジム・グレイが定義した概念で、これ以上分解してはならないという意味の原子性(英: atomicity、不可分性)、一貫性(英: consistency)、独立性(英: isolation)、および永続性(英: durability)は、トランザクション処理の信頼性を保証するために求められる性質であるとする考え方である。この語はその4つの性質を表す英語の語の頭字語をとって作られた合成語であり、1983年にアンドレアス・ロイターとテオ・ヘルダーによって提唱された。

[概要]
 データベースにおいては、データに対する一つの論理的操作の事をトランザクションと呼ぶ。 ・・・

【 ICT用語辞典へ(外部リンク)】

ACID (コンピュータ科学) (Wikipedia)

【 dj`ʊrəbíləṭi の同義語と関連語 】
< 1 >
ACID ACID property ACIDプロパティ ACID特性
Atomicity Consistenc Isolation Durability Atomicity Consistency Isolation Durability `æṭəmísəṭi kənsístənsi ὰɪsəléɪʃən dj`ʊrəbíləṭi アシッド
アシッド・プロパティー アシッドゥ・プラパディー アシッドとくせい アシッド特性
アダゥマシィティー・カゥンシスタゥンシィー・アイソァレイシュン・ドゥラビリティ・ドゥラビラティ アトミシティー・コンシステンシー・アイソレーション アトミック性 原子性、一貫性、独立性、永続性

Atomicity atomicity `æṭəmísəṭi
アダゥマシィティー アトミスィティ 原子性 原子価
原子数


Consistency consistency kənsístənsi カゥンシスタゥンシィー
コンシステンシー 一貫性 整合性 不変性

Isolation ὰɪsəléɪʃən アイソァレイシュン
アイソレイシュン アイソレーション 隔離 絶縁
独立性 分離
Durability
dj`ʊrəbíləṭi デュラビリィティー ドゥラビリティ 持続性
耐久性 連続性





ICT用語索引
記号 数字 A B C
D E F G H
I J K L M
N O P Q R
S T U V W
X Y Z

ワ・ヲ        

ICT用語辞典リンク集
ICT用語解説サイト120

バナースペース

パステム