本文へスキップ

 

 

ICT用語の意味と同義語


【 DNS-SD の意味 】
出典: Zeroconf 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2019年3月14日 (木) 13:24 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/

Zeroconf(ゼロ・コンフィギュレーション・ネットワーキング)は、人手による操作を介さず、かつ特別なコンフィギュレーションサーバを使わずに、利用可能な Internet Protocol (IP) ネットワークを自動的に作成する一連の技法である。ゼロ・コンフィギュレーション・ネットワーキングはコンピュータやプリンターといったデバイスを自動的にネットワークに接続することを可能にする。zeroconfがない場合、ネットワーク管理者が Dynamic Host Configuration Protocol (DHCP) や Domain Name System (DNS) といったサービスの設定をする必要があり、場合によっては個々のコンピュータのネットワーク設定を人手で変更する必要もあり、時間がかかり面倒である。

[主な実装]
Apple Bonjour:アップルのBonjour(以前はRendezvousと称していた)は、マルチキャストDNSと DNS Service Discovery を使用している。アップルは同社推奨のzeroconf技術を Mac OS X v10.1とv10.2の間にSLPからmDNS/DNS-SDに変更した経緯があるが、macOSでのSLPサポートは続いている。アップルのmDNSResponderはCとJavaのインタフェースを持ち、BSD、macOS、Linux、POSIX系OS、Windows で利用可能である。Windows版はアップルのウェブサイトからダウンロードできる。
Avahi:AvahiはLinuxとBSD向けのZeroconf実装である。IPv4LL、mDNS、DNS-SD を実装している。ほとんどのLinuxディストリビューションに含まれており、デフォルトでインストールするものもある。nss-mdns と連動して作動させるとホスト名解決機能を提供する。AvahiにはBonjourおよび歴史的なmDNS実装であるHowlとのバイナリ互換性を提供するライブラリがあり、それらに対応したソフトウェアをAvahiを経由して利用することができる。
Windows CE 5.0: Windows CE 5.0 にはマイクロソフト独自のLLMNR実装が含まれている。
リンクローカル IPv4 アドレス: ・・・

【 ICT用語辞典へ(外部リンク)】

Zeroconf (Wikipedia)

【 DNS-SD の同義語と関連語 】
< 1 >
Zeroconf Avahi Bonjour IPv4LL
Zeroconf機能 Zeroconf仕様 アバヒ ゼロ・コンフィギュレーション・ネットワーキング
リンクローカル IPv4 アドレス


















DNS-SD RFC 3927 サービスホスト発見 マルチキャストDNS




























ICT用語索引
記号 数字 A B C
D E F G H
I J K L M
N O P Q R
S T U V W
X Y Z

ワ・ヲ        

ICT用語辞典リンク集
ICT用語解説サイト120

バナースペース

パステム