本文へスキップ

 

 

ICT用語の意味と同義語


【 dot-com bubble の意味 】
出典: インターネット・バブル 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2018年6月29日 (金) 22:27 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/

インターネット・バブル(英語: Internet Bubble)とは、1990年代末期から2000年代初期にかけて、アメリカ合衆国の市場を中心に起った、インターネット関連企業の実需投資や株式投資の異常な高潮である。ITバブルとも呼ばれるが、英語では「dot-com bubble(ドットコム・バブル)」と言う。「ドットコム会社」と呼ばれる多くのIT関連ベンチャーが設立され、1999年から2000年までの足掛け2年間に亘って株価が異常に上昇したが、2001年にはバブルは弾けた。

[背景] 1990年代末期に、消費者との直接の双方向的通信を大量に処理できるe-コマースの可能性が現実化し、既存のビジネス・モデルを揺るがせた。このため多くの会社がインターネット関連投資に走り、これらのサービスを提供するIT関連企業に注目が集まった。さらに1998年から1999年にかけて持続した米国の低金利がベンチャー創業資金や投資資金の調達を容易にした。アメリカの大学を卒業したばかりの技術者や冒険起業家たちはプレゼンテーションを配布するだけで多くの資金が集められるようになり、その企画書の多くは投資家達にとって聞いたことの無く説明されても理解できない語句で埋め尽くされていた。 ・・・

【 ICT用語辞典へ(外部リンク)】


【 dot-com bubble の同義語と関連語 】
< 1 >
.comバブル dot-com bubble Internet Bubble Internet bubbles
ITバブル ITブーム IT景気 インターネット・バブル
インターネットバブル ドットコム・バブル ドットコムバブル
















ITバブル崩壊 IT不況 ドットコム企業 仮想通貨




























ICT用語索引
記号 数字 A B C
D E F G H
I J K L M
N O P Q R
S T U V W
X Y Z

ワ・ヲ        

ICT用語辞典リンク集
ICT用語解説サイト120

バナースペース

パステム